2018年04月05日

高校受験と学習塾のお金の話

群馬県前橋市富士見町と高崎市箕郷町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは
未来を生きる子供を育てる
親に向けて書いています


中学3年生は中学生最後の学年であり
いよいよ高校受験の年になります。

文科省の調査では
全国で中学3年生の通塾率は
80%にもなり
ほとんどの生徒が高校受験のために
塾を活用していることを示しています。

ところで中学3年生が高校受験のために
塾にかけるお金の額はどのくらいか
知っていますか。

文科省の家庭の教育費調査では
中学3年生が塾にかける塾費の平均は
総額で約35万円となっています。

中学3年生が学習塾に支払うお金を考えた時
この総額35万円という金額が基準になります。

塾によっては
基本の月謝はこの相場の
総額35万円に沿った金額になっていても
夏や冬に別途の講習費がかかったり
特別の合宿勉強会が組まれていたり
秋以降オプションの特別授業を組むように
仕向けられたりします。

これらの別プログラムをあれもこれもと足していくと
その金額が50万円以上にもなり
結局家庭が払う支払総額が100万円にもなる
塾があります。

しかもこれが群馬県内で名前の通った塾で
平然と行われていています。

塾を選ぶときには
1年で総額がいくらかかるのを
しっかり確認し
費用の上限を文書で示してもらうくらいのことを
した方がいいです。

ハッキリ言って中3の高校受験で
100万円の金額をかけて
公立高校に行くというのは
考えられません。

親が受験に対して何も知らない状況を
悪用するような
あとから追加料金で金額を吊り上げるやり方は
塾に搾取されていると言っていいやり方です。


私に言わせれば
高校受験はただの通過点であり
高校で人生が決まることは
絶対にありません。
人生の選択肢は大学受験で決まります。

ほとんどの高校生が
大学受験でいい結果を残せないのは
高校受験で塾の都合のいいようにされ
高校受験が終わると
精も根もお金も尽きてしまった結果です。


高校の勉強量は英語で比べても
中学の単語数の4倍の量を学ぶ必要があります。
しかし高校合格後はしばらく勉強を休む
という燃え尽き現象が起こり
気付くともう数学でも英語でも
授業についていけないという状況になります。

ハッキリ言って高校受験はあまり無理せずに
県内トップ高のビリにしがみつくようなら
2番手3番手校の上位で頑張ったほうが
大学受験にはいい結果が残せます。


高校受験と塾のお金の関係は
親であればとても関心のある話です。
だからこそ
塾を選ぶときには
しっかり塾とお金の話をして
納得のいく契約を結びましょう。

例え名のある大手塾だからと言って
すべて相手任せにしていると
もう後戻りできない時期なって
塾のペースに巻き込まれて
とんでもない追加料金を
請求されることになりかねません。


サクセスの中学3年生の金額は
この全国調査をもとに
その金額を超えないように決めています。

また塾のお金について
困ったことやどうしたらいいかと言った
他には話ができないことでも
無料相談をお受けします。
入会した後で追加費用が発生した時など
どう対応すればいいのか
具体的対処の仕方をお話しします。

塾に長年関わっているからこそ
裏の本音の部分をお話しできますので
お気軽にご相談ください。

詳細はHPの相談ボタンか電話でお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サクセス
027-289-8377
堤俊明




夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習塾

2016年09月14日

テストの反復で学力をつける

群馬県前橋市と高崎市箕郷町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ


このブログは
未来を生きる子ども育てる
親に向けて書いています。


あなたはテストをどう使っていますか。
テストを使い、復習して
同じテストを繰り返したほうが、
結果が格段によくなります。


サクセスでは、8月に中1~中3に全県模試を実施し
そのテストを繰り返し反復することで
テスト学力をつける学習法を行いました。

同じテストを5回繰り返す
反復ができた生徒は

学校で実施された夏休み明けのテストで
成績の伸びを比べてみて、驚くべき結果が出ました。

このハードスケジュールをやりきった生徒は、
1ヶ月前から5教科で100点以上の伸びを達成しています。


5教科で100点というのは、
偏差値換算で10上げたことになります。

一か月で偏差値を10上げるというのは、
奇跡的な伸びです。

テストを使い
そのテストを反復することで

その範囲の似たような
内容のテスでは
もう出来て当たり前
という自信がつき
テスト結果が劇的に変わります。

学力をつける学習は
テストを受けっぱなしにしない

必ず反復を繰り返し
その範囲を完璧にしておくと

次のテストに
劇的な変化が起きる

ぜひ実践してみてください。

最後までお読みいただき
ありがとうございました


サクセス
027-289-8377
堤俊明








夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 09:00 | Comment(0) | 学習塾

2016年03月16日

高校に合格したら何を学ぶのか

群馬県前橋市富士見町と高崎市箕郷町の「夢を叶える学習塾サクセス」塾長ブログへようこそ

3/15日は、群馬県公立高校の後期合格発表の日でした。
晴れて高校に合格したみんさんは、
ゆっくりしている間もなく、
4月には、次の目標、大学入試に向けた学習が始まります。

その大学入試が今、大きく変化をし始めています。

大学入試センター試験は、新中学2年生が大学を受ける年から変わります。
しかし、その前から各大学が課す、2次試験は、
数年のうちに大きく変わることが予想されます。

私立大学の難関大の入試問題は、
すでに変わり始めています。

ある写真をイメージしてみてください。
「モノクロの写真です。
そこには古くて今にも壊れそうな窓があり、
その窓の向こう側に、今にも泣き出しそうな、
あるいは悲しそうな、誰かを待っているような、
そんな顔をした5~6歳の男の子が、
窓のガラスに顔をつけるような姿で
写っています。」

問題です。
「この男の子が見ている世界はどんな世界か、
800字以内で述べなさい。」

この問題は、2016年の1月に実施された、
順天堂大学医学部の一般試験の小論文問題です。

今、特に難関私立大学の、入試問題が大きく変わり始めています。
ただ、知識を記憶して、それを吐き出すだけの、
1点を争うような入試問題は姿を消しています。

順天堂大学医学部の問題は、
「世界問題」と言われ、
世界の大学が入試で問う、思考力や想像力を使うそんな問題になっています。

考えてみれば当たり前です。
医学の道を進む者は、当然のことながら高い知識が要求されます。
しかしそれだけで、人から尊敬される医者になるか、
と言ったら、全く当てはまりません。

患者に寄り添う、患者の気持ちをくめる、
人に心に沿うことができる、そんな医者が求められています。

順天堂大学医学部の入試問題は、
高い知識を持ち、その上で、思考力や想像力、
豊かな感性を持っているかを問う問題です。

これから高校生になるみなさんは、
ただテストでいい点数を取る、それだけの勉強ではダメです。
高い知識を持った上で、
豊かな感性を持ち、人の心に沿うことができる人間、
大きなビジョンを持ち、世の中を変えるリーダーとなる人間、
そんな人を目指してください。

もう今から3年後の試験は始まっています。


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 13:52 | Comment(0) | 学習塾