2022年10月09日

高校教育が多様化するN/S高校オープン

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



2023年に群馬県高崎市に角川がプロデュースした
通信制高校のN/S高がオープンするというニュースが
あります。
N/S高校はN高校とS高校という2つの高校の
総称を言いますが基本的にはシステムや授業は同じで
一貫した教育を行っています。
(N高は母体が沖縄に本部がある高校で
S高は茨城に本部がある高校という区別だけです)

N/S高はこれまでの全日制高校の固定化した制度を
一気に壊して新たな教育制度を導入し
一人ひとりの個性や特性に合わせて、高校の教育に
専門分野に特化した授業内容を導入したり
講師陣もビジネスの世界で活躍する起業家や
またインターネットを活用したオンラインやAIを活用した
新たな教育システムを導入しています。

群馬県は地方の色合いが濃くて保守的な考えが主流です。
学校制度も昭和の時代そのままに公立高校に行くことが
進学先のトップになっています。
そして授業形式も伝統的な、生徒は机に座って先生の授業を
黙って聞くというスタイルが続いています。

高校側は生徒の家庭学習を管理するために
膨大な宿題を出して。それをどれだけ早く正確にできるか
そして定期テストや実力テストでどれだけ点数が取れるかで
学校の評価が決まります。
このような昭和的な教育が行われている一方で
N/S高のようなオンラインやSNSを活用して
全国で活躍する講師の最先端の技術や情報が身に付く
新たな教育システムが群馬に導入されるということで
これからの群馬の教育にどのような影響があるのか
しばらく注視する必要があります。

おそらく公立高校側の教育システムは
すぐには変化が起きないでしょう。
あいかわらず静かに机に座って授業を聴くスタイルや
膨大な宿題を早く正確に処理できる生徒が優秀だとする
評価基準などは変わることはないでしょう。

変わらなければいけないのは生徒と親の側です。
高校は大学に行く前段階の教育機関で
これまでならレベルの高い公立高校に行けば
大学進学にも有利だという意識があって
群馬県では前橋高校や前橋女子高校のような
県立トップ高を目指す風潮が未だに根付いています。

しかし前橋高校で国立大学や難関大学に行く実績は
このところ在籍者数の約6割以下にとどまっています。
つまりトップ校の在籍者の4割強は高校の授業が合わなくて
もともと持っている可能性を出せないでいるとも考えられます。

このような生徒の中にはITやSNSを活用したN/S高のような
興味や関心を引き出すような多様性のある教育を与えたら
どの様な才能を発揮するのか、それは未知数ですが
可能性は大きくなるでしょう。

群馬県に新たな多様性を求める高校が生まれることは
生徒と親側がどのような意識で高校教育を










サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 高校受験

2021年07月25日

中3生は受験勉強を始める前に過去問を1回解いてみる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



群馬県の公立高校入試問題はどんな形式で
どんな範囲でどんなレベルで問題が出されるのか
それを分かる唯一の方法を教えます。
それは公立高校過去問を解くことです。

「過去問なんて入試直前に解いて今までの受験勉強の
出来を確認するためのもの」などと言っているから
高校入試で5教科400点を超えられないのです。

公立高校入試問題は受験勉強を始める時に
必ず解いて今の自分の受験レベルが
まったくなっていないということを
身をもって分かるためにまずあると思ってください。

しかし受験勉強初心者のあなたにとって
突然入試問題を解いても解けるはずがありません。
入試問題は「勉強が分かるレベル」ではなく
「テストで点が取れるレベル」になって初めて
点数が取れるようになります。

この「わかるレベル」から「取れるレベル」になるには
相当の練習が必要なのが分かるためには
一回痛い目を見ることが一番の方法です。

そしてどのレベルまで勉強すれば
「テストで点数が取れるレベル」になるのかの
おおよそを肌を通じて感じることも重要です。
もしかしたら「すぐに点数が取れるレベルになる」
と思うかもしれませんし
「どうしたら解けるようになるのか分からない」
と途方に暮れるかもしれません。
どちらにしてもまず「自分を知る」ことが
過去問を解く大事な目的なのです。

入学試験は過去問に始まり過去問に終わる
と言う格言は
最初に過去問を解いて自分の足りなさを知り
最後に過去問を解いて自分の成長の証を確認する
と共にその間の勉強の量とレベルを決める
大事な指針になるのです。

群馬県公立学校過去問は大型書店に行けば
過去6年分の過去問が載った冊子が売っています。
夏休から過去問を買いそろえる中3生はそういません。
つまりほとんどの生徒が過去問の使い方を
知らないのです。

あなたが夏の初めに過去問を買ってそれを
1年分でいいので解けば
それは多くの中3生の前を走るランナーになります。
「先んずれば人を制す」の通り
受験勉強は周りの人よりも早く勉強を始めて
人ロりも多く勉強をすれば必ず目的の高校に
合格できます。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 高校受験

2021年06月25日

中3生の期末テスト後すぐに始める勉強

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



中3生は来年の高校入試まであと8か月です。
多くの中3生は1学期の期末テストが終わると
夏休みになる約3週間は期末テスト後の気のゆるみと
夏の中体連に向けた部活の練習に明け暮れ
勉強からは少しの間離れることになります。

そして夏の中体連後から本格的な受験勉強が始まり
さまざまな塾の夏期講習に参加する人もいます。

しかし来年の高校入試で難関進学校を目指す
目標を持っている人は
(難関進学校とは前高・前女・高高・高女等を指します)
夏休みからの本格的な受験勉強の前倒しを意識してください。
つまり期末テストが終わった翌日から
まだ周りが受験勉強モードに入らないうちに
まず1教科に集中して問題集等を1冊終えるくらいの
勉強を始めてください。

夏期講習などを受講すると
総花的(網羅的)に受験5教科すべての講座を
取らせる塾が多くあります。
それは5教科受講が保護者への受けもよく
受験教科すべてを扱うことで夏期講習の
外部的な受けもいいからです。

しかし夏休みという40日ほどの期間で
受験強5教科すべてを強化することなどできません。
せいぜい内容を理解して「夏休みはたくさん勉強した」
という自己満足感を感じるだけで終わります。
そして夏以降の模試で結局何も残っていないという現実を
イヤというほど思い知らされるのです。

40日という期間で強化できるのは2教科がせいぜいです。
それ以上はお金をかけても消化不良を起こし
夏が終われば元の状態に戻るのが関の山です。

そこで来年の高校受験で難関進学校を目指す中3生は
周りが夏の中体連に夢中になっている時に
1教科の受験勉強を完成させてしまうくらいの
勉強を進めてください。

この時期に行う最適な教科は
自分が得意としている教科です。
自分が得意としている教科なら3週間あれば
問題集を1周終える事が出来ます。

そして受験勉強に最適な問題集が
学校の購入している「整理と対策」「新研究」
という中3生用の受験勉強参考書です。
「整理と対策」「新研究」ともに
1冊30単元で構成されています。

これを1日2単元ずつこなしていけば15日で1冊を
仕上げる事が出来ます。
自分の得意な教科なら1日2単元は
さほど大変ではないでしょう。

そして夏休みが始まるまでに
受験勉強が1教科終えているという精神的な余裕は
他の教科に与える影響は多大なものがあります。

「成績優秀者は周りが遊んでいる時にも勉強している」
勉強ができるようになるには
周りの人と同じことをやっていては
絶対に差をつけることはできません。
周りが期末テストが終わり中体連に向けて
勉強をしなくなる時期こそチャンスです。

本当に勉強ができるようになりたいと思うのなら
このチャンスを活かす勉強を始めてください。
それが自分の受験勉強にいい結果をもたらします。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 高校受験