2022年06月17日

受験勉強にオリジナリティは必要ない

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学受験勉強に向いている人と向いていない人を
一言で分けると愚直に覚えるものをひたすら覚える人は
大学受験で結果を出す人で
自分のオリジナリティを入れることにこだわる人は
大学受験で結果を出せない人
といえます。

一つの例で言えば
サクセスの英検対策としてライティング問題で
まず練習することは模範解答を丸暗記することから
始めます。
なぜライティングの模範解答を丸暗記するか
といえばそれはライティング(英作文)の「型」
を覚えてもらいたからです。

英検のライティング問題は
「親が子供を博物館に連れて行くことはいいことか」
という問題を50字程度で書く問題が出されます。
このようなライティング問題に自分なりの意見を
文法や構文を正確にまた単語のスペルも間違わないで
書くというのはかなりの高レベルを要します。

そしてオリジナリティを出そうとする生徒は
論説文のような文章を英語で書こうとして
文法ミスや構文ミスやスペルミスを連発して
ほぼ0点という状況になります。

このような英検のライティング問題に
満点近い点を出す人は自分なりのオリジナリティなど
まったく使わずにライティングの練習の時に
模範解答を丸暗記した英文の中から
自分で使えそうな文法や構文や英単語を選んで
中学生でも書けるような中学レベルの基本文を使い
1文を簡単に短く書くという書き方をします。

このようにして書いたライティング問題の解答は
満点に近い点をもらう生徒もいます。
しかし決して英作文能力が高いのではなく
ただひたすらライティング問題の模範解答を
6回分丸暗記をするだけなのです。

英語の「型」というのは教科書の英語や
参考書の英文や問題を丸暗記することで
かなりの量の英文を覚えることになります。
その憶えた英文や英単語が自分の知識のもとになって
長文読解の読解力の基礎になったり
何よりも英語を読むことに馴染むことができます。
そのような力を「型」といいます。

「学ぶ」という言葉は「まねる」という言葉が
語源になっているといいます。
受験勉強で結果を出す力を身につけるには
とにかく模範解答を大量に丸暗記してそれを
「型」にしてその「型」を使って問題を解く
という練習を繰り返すことです。

問題を解く技術は自分の中に知識の「型」がないと
何を使って問題を解いたらいいのか見当がつきません。
受験勉強はある程度の「型」ができると
その「型」を使って問題を解くコツが掴めます。
それまではひたすら丸暗記をする
「まねる」勉強をすることです。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明



夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験

2022年05月26日

大学受験は自分のスタートラインを知る事から始まる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学受験におけるスタートラインは
自分の持っているもので決まります。
持っているものとは大学受験に関する
知識やスキルや情報です。

大学受験を100メートル競争に例えると
知識やスキルや情報をたくさん持っていると
100メートル競走のスタートラインは前に動きます。
たくさんのものを持っていると
スタートラインは90メートルになるかも知れないし
80メートルになるかも知れません。
しかし逆に知識やスキルや情報を持っていないと
110メートル競争になるかも知れないし
120メートル競争になるかも知れないのです。

国立大学を目指す大学受験の100メートル競走で
100メートルのスタートラインに立てるかどうかは
自分が受けている模試を見ればわかります。
高校3年生の6月時点の模試の偏差値が50前後にいれば
ギリギリ100メートルのスタートラインに立っている
と言ってもいいでしょう。

国立大学の合格偏差値は55〜65がボリュームゾーンです。
目指す大学の学部にもよりますが
おおよそ偏差値が60を超えると合格できる国立大学の
レベルが一気に上がります。
高3生が来年の大学入試で偏差値60の大学に合格するには
6月時点で偏差値50以上にいることが最低限度必要になります。

これ以上低い偏差値で低迷している高3生は現状で
100メートル競走でスタートラインが120メートルの
ところにいると思ってください。
それだけ厳しい競争を強いられる受験勉強になると覚悟をして
一刻も早く本格的に受験勉強に取り組んでください。

大学受験の100メートル競走で力を発揮するには
基礎学力が7割必要です。
「基礎学力なら持っているから大丈夫」などと
軽い考えを持たないでください。

基礎学力は持っているだけでは何の役にも立ちません。
テストで使いこなせて始めて役立つ基礎学力になります。
つまり万全で盤石なレベルの基礎学力があって始めて
大学入試で点数が取れる実力がつくのです。
偏差値40台の高校生は基礎学力さえ付いていない
怪しい状況です。

大学受験のスタートラインにさえ付けていない高3生は
この半年をかけて目指す大学の全教科の基礎問題集を
5周は繰り返して徹底して盤石な基礎学力を付けてください。
盤石な基礎学力をつける方法は基礎問題集を
何度も反復練習する以外に方法はありません。
それさえ身につければ受験勉強の競争に勝つ
大学受験の100メートル競走を一気に駆け抜ける
強固な体力が手に入ります。

まだ大学受験のスタートラインさえ立てていない
高3生は四の五の言わずに基礎問題集を解いて解いて
繰り返し練習をしてください。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験

2022年04月17日

共通テスト過去問を分析する勉強法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



過去問を分析するとは
問題を解いて答え合わせをして
それで終わりという低レベルの演習ではなく
問題を解いて間違った問題を
どのような解法を使って解くのか
今後同傾向の問題が出た時に
絶対に間違わないためにどうするのかを
考えて実行することです。

数学なら共通テストの過去問
(この場合は2年分の過去問と試行問題を含む)
を解いて自分の知識が共通テスト問題に
使えるかどうかを調べます。
学校の2次関数の問題なら解けるけど
共通テストの問題になるとまったく手が出ない
というのは共通テストの出題傾向に
自分の知識を使う実戦力が身についていないのです。

勉強の基礎学力と試験で点数を取る実践力は
まったく別で基礎学力をつける勉強とは
別な練習が必要です。
部活動で基礎体力はあるけど練習試合で
まったく勝てないのは
基礎の運動能力を試合で使える
実戦力まで高める練習を積んでいないからです。

過去問を分析して得られる能力は
今まで学校の授業で積み重ねてきた基礎学力を
試験で使える実戦力に変えるための練習によって
得られる能力なのです。

数学や理科などの理系教科は
過去問で出題された問題から出題パターンを
見つけ出しそのパターンに合った実戦力をつける
練習をすることで初見でも解ける問題が
大幅に増えるようになります。

英語や国語や社会などの文系教科は
共通テストとセンター試験を通して10年分くらいの
過去問をしらみつぶしに当たって
問題傾向と答をすべて覚えることから始めます。
そして教科書は辞書本として使います。
過去問の問題と答えを10年以上すべて把握しておけば
どんな問題が出ても過去問のどこかで傾向の似た問題が
必ず出ているはずです。
それに思い当たれば正解はすぐに思いつくでしょう。

過去問は問題を解いて答え合わせをするような
使い方は過去問を使いこなしていないと言えます。
過去問は徹底的に使いこなしてはじめて
その潜在的なパワーが身につくのです。







サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験