2023年01月31日

大学入試の苦手教科をどのように対処するか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



受験生にとって苦手教科をどのように克服するか
それが一番の問題点だと思っている生徒が多いです。
特に英語や数学や物理が苦手教科ベスト3です。
なぜこの3教科が苦手教科になるのかといえば
それは英語は英単語など覚える量が他の教科に比べて
ダントツに多いことや数学や物理は数式や公式を
どのように使いこなすのかが難しいのです。

しかし大学受験においては共通テストも
各大学の2次試験も問題傾向は大きく変わりません。
問題傾向が大きく変わったと言われる共通テスト数学も
模範解答を見るとセンター試験の時代と解法の質は
何ら変わることがなく
ただ問題の出題形式が変化してまるで別の問題のように
見せているだけなのです。

英語でも数学でも物理でもまず基礎知識を徹底して
暗記してその暗記貯金を使って問題形式に合わせる
解法を見つける練習さえしていれば
難易度は標準レベルの共通テストなら7割は取れるテストです。

受験勉強で苦手教科があるというのは
そもそも勉強量が少なくて暗記貯金を増やせないことが
一番の問題点です。

得意教科のことを考えてください。
得意教科は問題を見ると瞬時に解法がわかって
あるいは答え方がすぐに思いついて時間をかけずに
正解を出すことができます。

しかし不得意教科は問題を見ても
一体どんな解法で解けばいいのかどんな計算式で
答えを出せばいいのかまったくわからずに
時間をかけて自力で答えを出そうとします。
しかし勉強量不足で暗記貯金が少ないと
どんなに自力で考えても正解に行き着けません。
つまり苦手教科は得意教科に比べてお粗末なくらい
勉強量が足りないだけなのです。

英語なら英単語を無駄に覚える時間があるのなら
基本英文をできるだけ多く覚える練習をすることです。
英単語集1冊を覚える労力を基本英文を覚える労力に
変えるだけでも英文読解力は圧倒的に良くなります。
基本英文を覚える参考書に「基本英文700選」があります。
その他にも「英文解釈の技術」シリーズなど
基本英文を覚える参考書を徹底して暗記しましょう。

数学は「チャート式数学」が最高の解法暗記参考書です。
巷(ちまた)では冊子が厚すぎるというコメントがありますが
これくらいの量の解法暗記ができて始めて大学受験の
実戦力がつきますので徹底的に暗記貯金を増やしてください。
地方国立大学レベルなら最も基礎に徹した白チャートで
十分役に立ちます。
カッコつけて青チャートをやり続けても自分の実力に
合わない参考書を使うのは百害あって一利なしです。

物理は力学がわかればあとは「物理のエッセンス」などの
参考書の解法暗記だけで得点源になる教科特性があります。
とにかく力学を徹底してマスターする練習をこなしてください。
この教科もカッコつけずに中学生でも理解するレベルの
基礎参考書を使って基礎学力を身に着けてください。
実力に合わない参考書を使うのは時間の無駄以上の
害になります。

苦手教科ほど自力で解こうとか理解しようとか
考えずにまずは丸暗記でいいので
1冊の参考書を覚えて暗記貯金を増やしてください。
暗記力が高まると理解力があとからついてきます。
苦手教科を克服すると一気に模試の点も上昇して
志望大学合格への道が大きく開けるのが実感できます。






サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験

2023年01月26日

大学入試2次試験はとにかく過去問検証

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学入試は共通テストが終わると
各大学の個別試験(2次試験)になります。
2023年の共通テストは数学は去年の悪夢とは
一転して通常の平均点に戻りました。
しかし今年は理科が思わぬ難敵になって
平均点がガタ落ちして得点調整をする事態です。

共通テストで思うように得点を取れなかった人は
2次試験で挽回を狙うわけですが
2次試験対策は1にも2にも過去問を解きまくる
勉強に終止すべきです。

しかし過去問をただ何の思惑もなしに解いても
2次試験対策に直結する勉強にはなりません。
過去問は解く以上に検証することが重要です。
それでは過去問を検証する方法をお伝えします。

検証とは大学がどんな意図でその問題を出題したのか
どんな解答をすれば点数になるのかを調べながら
問題を解くことです。
この検証は正解を求めるのではなく
万が一正解がわからなくても自分の持っている知識で
どこまでなら分かるのかどの部分が分からないのかを
しっかりと分けてここまでなら分かって正解は
こんな答えな答えになるのではないかという
論証を行うのです。

そして自分がわかるところまでしっかりと
記述して大学側にプレゼンをする気持ちで
問題に望むのです。
多くの大学では2次試験は正解を出すのが目的ではなく
問題解決にどこまでできるのか見る
部分点を積み重ねることで合格点を取ることが
求められる試験です。
そのためのプレゼンの仕方や解答法を
過去問と解答解説を熟読しながら
2次試験対策を行ってください。






サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明











夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験

2023年01月19日

共通テスト数学の計算力をつける勉強

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。




2023共通テストの数学は昨年の難問から
少し開放されて平均点も50点台に戻りました。
昨年の問題は問題量が多くてさらに問題文の量も多い
というダブルの難問になり平均点も過去最低の37点に
終わりました。
今年は昨年通りの難問になる予想もあり
各予備校もかなり対策をしてきた成果が出て
また問題も文章量は昨年同様の多さでしたが
問題数が昨年の3割減になりしっかりと勉強すれば
80点以上を取れる教科に戻りました。

共通テストで試される数学の能力は
難問を解く能力ではありません。
問題のレベルは標準問題ですが問題量が多くて
時間内にすべての問題を解くためには
問題を見たらどんな解法で解くのか
またどれだけ速く計算ができるかの
計算力が必要になります。

数学の計算力は次の三段階に別れます。
1 四則計算のスピード
2 文字式・関数計算のスピード
3 因数分解・三角関数計算のスピード
です。
1は小学生高学年レベルの計算力
2は高校入試レベルの計算力
3は高校数学の計算力に対応します。

高校生で数学に大きな苦手意識のある人は
1の小学生レベルの四則計算の正確性とスピードに
問題がある場合が多く見られます。
どんなに高校内容の問題を繰り返し覚えても
テストで四則計算が遅ければすべての問題を
終えることができませんし
計算を間違ったら得点にはなりません。
いつも計算式で間違う経験を持つ人は
まず小学生レベルの四則計算ドリルを使って
計算力を上げましょう。

小学生レベルの計算力を短期間に上げるドリルは
「百ます計算」が一番適しています。
1日10分でいいので百ます計算の四則を
足し算と掛け算は1分を切るレベルまで
引き算と割り算は2分を切るレベルまで
マスの答えを覚えてしまうくらいまで
やり続けてください。

高校入試レベルの計算力は高校入試用問題集を1冊
1週間でやり終えるくらいの勉強をしてください。
高校内容の計算力は学校の計算補助教材を計算しなくても
答えが分かるくらいのレベルまで反復してください。

数学の計算力は高2生なら春休みから
ゴールデンウイークまでのまだ高3の授業が
本格化しない時期に徹底して取り組み
5月までに完成させるように頑張りましょう。
共通テスト数学は時間内にすべての問題を解く
素早い計算力が求められます。
そのための計算力強化は思い切って小学生レベルの
計算力アップから始めることが大事です。





サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験