2023年11月09日

受験勉強で演習中心勉強に切り替えるタイミングは

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



実戦問題を解くアウトプットトレーニングは
記憶のメカニズムで「脳に保持された知識を引き出して
問題解決のために利用する(想起)」ことです。
すると学校でやっている単語の小テストも「想起の練習」になります。
また教科書や参考書を覚えて簡単な確認テストを行うのも「想起練習」です。
しかし受験勉強というある種特殊な勉強では
「覚えた知識を問題解決のために使う」想起練習だけでは入試には
応用できません。

入試問題を解けるようになるためにはより入試問題に近い形の問題を
たくさん解くトレーニングが欠かせないのです。
共通テストで合格点を出すには共通テストの問題に合わせて
知識を組み合わせて引き出す「入試問題を解く脳内反射」ができてはじめて
共通テストの問題解決力が身につきます。

しかし「知識」の貯蔵量が少ない状態でいきなり実戦演習をやっても
問題が解けないばかりか解答や解説すら理解できずに時間を無駄にします。
まずは問題を解くために必要な知識をある程度インプットしてから
実戦演習トレーニングに移るのが正しい勉強順序です。


しかし必要な知識を完璧に身に着けてからとすると
時間がいくらあっても足りません。
受験勉強計画の長期的な視野で考えると「英語と数学」は
基礎知識のインプットは8割程度の知識量を完成させてください。
それを「高3になるまでには基礎知識のインプットを終える」ことです。
そして演習中心の実戦練習の勉強に移ってください。

理科や社会は高3の夏休みに6〜7割程度の知識量をインプットして
あとは実戦演習を通じて知識の補充を行うのが理想的です。
6〜7割の知識が身についていれば「問題を解きながら知識を覚える」
勉強法が可能になります。
古典・漢文は知識量も5割くらいでどんどん問題演習に移る方が
実戦力がつきます。

基本的には英語と数学以外の教科は模試や過去問等の
実際の問題を解きながら実戦力と知識量を増やす勉強の
一石二鳥の勉強ができるのが強みになります。
それを知識が完璧になるまで実践練習に移らない臆病者が
入試本番で経験力(実戦力)不足から敗者になるのです。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験

2023年10月30日

国公立大学合格にはやり方がある

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



国公立大学に合格するには学校でトップレベルの成績を取って
それで模試で志望大学の偏差値をAランクに上げる努力をする。
という途方もない勉強が必要だと思いがちです。
しかしこれでは本当に学校の成績優秀者だけしか
国公立大学に行けないことになります。

国公立大学合格にはやり方があります。
このやり方を実行すれば多くの人にそのチャンスを
共有することができます。
もちろん努力と毎日の練習なしに目指す大学に合格はできません。
この世界に楽をして大きな成果を上げる方法など
絶対にないのです。
そして毎日の苦しいつらい勉強も自分の未来に大きな喜びと
豊かさがあればその苦しみやつらさも血肉なる充実感に変わります。
それでは数学・英語・理社国の国公立大学合格の勉強のやり方を
紹介します。

数学
数学でなくてはならない絶対に高めたい能力が計算力です。
数学は計算力なくして数学の得点は絶対に上がりません。
数学が苦手という人ほど中学時代から計算問題が苦手です。
ここは腹を据えて数ヶ月間は高1の計算問題のドリルから
徹底して計算練習をしてください。

計算練習は1回だけでなく1冊の問題集を3回は反復することを
目標にしてください。
1日1時間は計算力強化のための時間をつくって
徹底して計算問題集をボロボロにするまでやり込んでください。
高1の計算問題集が終わったら高2の計算問題集に移って
これも数が月かけて3周は回してください。

英語
共通テスト英語は超長文問題の読解が必要です。
長文読解力をつけるには英単語集を50周まわすことを
目標に来る日も来る日も同じ英単語集を1年くらいかけて
すべて丸暗記してください。
ページを言えばそのページの英単語と日本語訳がスラスラ言える
レベルが目標レベルです。

長文読解力は英文を左から右へに日本語訳にしなくても
意味が取れるくらいの速読力が求められます。
そのためにはまず英検の過去問6回分が載った問題集を購入し
英検3級から2級までの問題集を3ヶ月くらいひたすら
読みまくります。
そうしたら共通テスト過去問の英文をこれも
3〜5回くらいは読みながら意味が取れるのか
練習を繰り返してください。
英語は1日でも間隔が開くと英語の力はつきません。
とにかく毎日英語長文に触れて英語学習を日常化してください。

理社国
大学入試で使う理社国の教科は学校の授業を最大限活用します。
学校の授業で分からない教科は参考書を読んでも
予備校で授業を聞いても、またスタデイサプリなどの映像を見ても
理解できないし問題が解けない原因になります。
とにかく理社国は学校の授業で完結して過去問演習に
すぐにでも入れることを目指して学校で集中して授業を聞いてください。

そしてすべての教科に共通することは
ある程度(50%)の実力がついたらすぐに共通テスト過去問で
実戦力をつける練習にないることです。
高校スポーツでも日常の練習の成果を測るために
定期的に練習試合を組んで実戦力の強化に取り組みます。
それと同じで受験勉強も基礎練習がある程度できたら
どんどん過去問練習をして実戦力強化に取り組んでください。
これができれば学校のレベルに関係なく
また学校の成績の優劣に関係なく
国公立大学合格の勉強が進められます。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験

2023年10月25日

前橋市立前橋高校から国公立大学に行く

群馬県前橋市富士見町の
「夢を実現させるためにサクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



前橋市立前橋高校は群馬県公立高校入試の合格偏差値レベルで53
という数字です。
これは平均点が260点ほどですので290点を取れば必ず合格する
という高校になります。(偏差値1で10点換算)
高校入試のレベルが500点満点で300点に行かない高校から
国公立大学に合格するのはやはり学校の成績がトップクラスの
10人程度になるのは致し方ないことでしょう。
(学校の学年定員は240人)

しかしここで一番問題なるのが自分の高校が
毎年国公立大学に10名程度しか合格していないからといって
だから自分は学年順位が真ん中ほどだから
「国公立大学合格なんて程遠い」と思う生徒が
あまりにも多い現実です。

「あきらめた時に自分の可能性は閉ざされる」
これは受験勉強に限らずすべてのことに共通する心理です。
「本当は行きたい大学があるけどこんな偏差値では
どうあがいても無理だ」
「へんに高望みせずに偏差値にあった大学を受ければいい」
こんなふうに思っているとしたらこの時点でもう目指す大学の
合格は絶望的です。
「酸っぱいブドウ」というイソップ童話があります。
高いところになるブドウを取ろうとしても上手く行かない
キツネが「フン、あれはすっぱいブドウだ」と捨てゼリフをいって
立ち去るという話です。

この「酸っぱいブドウ」は精神分析学では「防衛」として
説明されます。
心の奥底にある不安を振り払うために都合のいい理由を
でっちあげて自分が傷つかないようにする心のメカニズムです。
「偏差値が低いからあきらめる」というのもこのキツネと同じで
根拠のない理由を口実に自分から逃げ出しているのです。

受験勉強では「落ちる不安」「試される不安」「将来の不安」
などがつきまといます。
ここから逃れるために「偏差値」や「才能の無さ」を理由に
「頑張らなくてもいい状況」をつくろうとする高校生が
少なくありません。
まさに前橋市立前橋高校の生徒は「酸っぱいブドウ」に
支配された学校にいる生徒の集団と言えます。

しかし大学入試は偏差値が絶対ではありません。
また勉強の才能もまったくいりません。
がんばればつかめる夢にチャレンジしないで
根拠のない「受験迷信」を信じてその場から立ち去るのは
人生の敗者の道を歩む一歩になるとは思いませんか。

「勉強ができないのは才能がないから」
と最初から夢を諦める人が多いですが
受験勉強と才能とは無縁で勉強法さえしっかりと
身につければだれでも自分の行きたい大学に行くことができます。

受験勉強とは
@必要なことを記憶する
A記憶したことを使って問題を解く
の2つの要素から成り立っています。

記憶に関しては多くの高校生は覚え方が下手なのです。
記憶の方法は教科によっても変わります。
また記憶した内容を長期に覚えるためには反復練習で
無意識になるまで覚える必要があります。
これにはある程度の練習時間が必要です。
受験勉強を半年くらいでどうにかしようとする人がいますが
それ自体が受験勉強を甘く見ている証拠です。
受験勉強は自分の将来をかけて本気で努力する
修行のようなものです。

模試の数学の問題が解けないという生徒がいます。
これは受験数学の解法パターンを覚えてそのパターンを
意識しなくても使えるレベルまで高める練習ができれば
模試での「解けない」悪夢から開放されます。
勉強ができない理由を「頭が悪い」と思うのではなく
「これまでの勉強のやり方が悪い」と思うことで
受験勉強はどんどんと先に進めることができます。

サクセスは前橋市立前橋高校に近い位置にあります。
これまでも卒業生の中には富山大学・高崎経済大学
群馬県立女子大学・自治医科大学などの合格者がいます。
この生徒に共通することは1年〜2年計画でしっかりと
事前に志望大学を決めてその大学にどうしたら合格するかを
長期に勉強計画をつくりそれを実行した人たちです。

高2生や高1生はこれからまだ時間があります。
自分の夢を現実のものにするためにサクセスでの
国公立大学個別指導コースを活用してください。
事前面談や体験授業を受付しています。
お気軽にお問い合わせください。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験