2022年04月11日

鍛える大学受験勉強法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。




受験勉強の本質は学ぶことではありません。
受験勉強は参考書や問題集をやり込んで
模試や試験本番で点を取るための
実力を鍛え上げることです。

勉強は知識を学んで覚えるインプットと
模試で結果を出すアウトプットに分かれます。
鍛えるとはアウトプットで知識を点数に変える
能力を高めることを指します。

インプットとアウトプットとどちらが大事かといえば
大学受験勉強においてはアウトプットが重要だと
言えます。
それはどんなに知識を覚えてもそれは
ただの知識であって
その知識を入試問題に答えられるように加工する
能力が必要だからです。

共通テストは難問ではなく標準問題と言われますが
その標準問題とは高校の授業レベルの問題とは
全く質の異なる入学試験での標準問題という
レベルであって
学校の授業でインプットした知識レベルでは
全く手も足も出ない異質な問題形式として
出題されます。

このような特異な問題形式に慣れるには
入試問題レベルの問題に数多く当たって
その問題形式や解答法を身体感覚で覚えるくらいの
大量の演習をこなす必要があります。
それが鍛える大学受験勉強になります。

演習量で言えば共通テストとセンター試験の
過去問をまず10年は解いてください。
最初は全く歯が立たないかも知れません。
しかし解き進めていくと問題のクセというか
出題形式や解法のコツなどある一定の傾向があることが
わかってきます。
それは大量に問題を解くことで見えてくる
答え方の大まかな方向性なのです。

それがわかったらその傾向に沿って
模試や過去問演習をどんどん進めていって
その中で知識が足りないと思う教科や部分を
映像や参考書で知識をインプットしていきます。

高校生の多くは授業や映像で知識を学んで
それで満足してしまう傾向になります。
しかしそれでは模試で結果を出すことは出来ません。
知識は演習によって鍛えることで
点が取れえる実戦力に変わります。
それが鍛える受験勉強になるのです。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 能力開発

2022年02月19日

脳は命令や否定されると動けなくなる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



脳がやる気を起こす時はどんな時か
家庭で親が子供にいう言葉は
「一体いつになったら勉強始めるの」
「テストが近いんだからしっかり勉強しなさい」
というような命令口調の言葉になります。
また
「どうしてこんな点しか取れないの」とか
「こんな点では国公立大は無理ね」
というような否定の言葉もよく話します。

このような命令の言葉や否定の言葉は
相手に頑張ってもらいたいというよりも
どちらかと言うと相手にダメ出しをすることが
目的になっています。

すると言われた本人は
いくらやろうと思ってもやる気を出して
取り組むことが出来ません。
相手に結果を出してもらう時には
ポジティブな言葉がけをすることで相手の気持に
よい作用を及ぼしてやる気を出させるほうが
結果は明らかに変わるのです。

「最近勉強頑張っているみたいだね」
「結果よりも日々の勉強に集中してやってみよう」
などこのようなちょっとした働きかけで
相手のやる気は全く変わります。
それは勉強を自分から進んでやろうという
自律(自立ではなく自分で律する)の気分が
高まって自分ごととして考えられるからです。

誰でも他人に言われるからやるのではなく
目の前の課題を「やりたいからやる」ほうが
すぐに行動に移せます。
人間の脳は一度「やらされている」という受け身に
感じてしまうと脳内の「やる気回路」が
なかなか働かなくなってしまうのです。

活躍が目立つ企業では
どんな仕事も上司に言われるからやるのではなく
自分自身の課題として「内面化」することで
すぐに行動に移せる行動力に繋がります。
勉強も自分の課題を自分なりに見つけて
「内面化」ができればちょっとした隙間時間でも
積極的に勉強する意欲が生まれます。

「内面化」とは自分や自分が属する集団が直面する課題を
他人事ではなく自分ごととして意識できることです。
勉強でも仕事でもそれを他人事ではなく自分ごとにできれば
「次は何をすればいいのか」ということを自主的に想像できます。
すると次第に脳は自分の勉強や仕事に対する責任やプライドが
持てるようになりさらに自律的に勉強や仕事に向かえるように
なります。

「内面化」脳の前頭葉で行われます。
前頭葉は意思決定や物事の継続を行うときに働く
脳の機関です。
他人事(他律)を自分ごと(自律)に変えるには
脳の前頭葉を鍛えることでもあります。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 能力開発

2020年11月13日

共通テスト問題文を倍のスピードで読み取れる速読力

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


参考書を高速で読めれば多くの情報を
短時間で理解することができます。
またテスト中に問題文を高速で読めれば
沢山の内容を短時間で理解できて
問題を解く時間も短くなり
見直しもできて正解を得ることも
多くなります。

人は文字を1分間に300〜500文字
読むことができます。
1ページの文字数が1,500文字ならば
それを読み切るのに3分かかることになります。

2021年から始まる共通テストでは
問題文の量と資料の量がこれまでの
センター試験の倍以上に増えることが
予想されています。
例えば問題文が3ページにわたるようなら
1ページ3分かかるとすると3ページの
問題文を読み切るのに9分かかることになり
問題量が多くなる共通テストをやり終える
ことができません。
問題文を早く読み内容を短時間で理解するには
文章を素早く読む速読力が欠かせません。


文字を読む速度は視点をどこに置くのかで
読む速度はまったく変わります。
ほとんどの人は文字を1文字1文字読みながら
意味を理解しようとしますが
速読力を身に付けている人は
周辺視野を使いながら数文字から数十文字を
一瞬で読む能力を身に付けています。

周辺視野とは
ある1文字を読む時視野の中には
1ページの文字がぼんやりとして
見えているはずです。
それは中心視野に焦点を当てているので
その周りの視野に見える文字は
理解できるまでは見えていません。

周辺視野まで視野角を広げて
読むトレーニングを積むと
中心視野に見える文字を見ながら
その周りの100文字から300文字くらいが
一度に読めるようになります。

300文字が一度に読めると
1,500文字の1ページの文字が
1分から3分で読めるようになり
文字を読むスピードは3倍から
9倍に上がることになります。

中心視野だけでなく周辺視野を活用した
視野角を広める速読力のトレーニングは
まず緊張を解きリラックスすることから
始めます。
緊張していると呼吸は浅く視野が狭くなります。
眼をつむりリラックスしてゆっくり深呼吸をします。

その時脳に指令を出すように
「これから読む内容をすべて理解できます」
と自分に暗示をかけるように心に唱えます。
これをアファメーションと言って
これから読む内容をすべて理解できるように
自己暗示をかける言葉になります。

深呼吸を3回くり返したら
ゆっくり目を開けてこれから読む文章を
最初から最後まで見渡します。
どれだけの量なのかどんな内容が書いてあるのか
見渡しながら情報を集めます。

その後広い視野を使った読解を行いますが
これは1回や2回やっただけでは身に付ける
能力ではありません。
何度も何度もくり返し3か月〜半年くらい
くり返しトレーニングを続けて
ある時広い視野で文章が読めていることが
わかるようになります。

毎日勉強の時はリラックスして軽く深呼吸を
してから始めると集中力も付くようになります。
勉強のレベルを上げるコツは
毎日少しづつ練習をくり返すことです。
周辺視野を使った読解法もコツコツ練習をくり返した
人だけが身に付ける能力なのです。




サクセスでは高2生の大学受験相談を無料で行っています。
目標大学にどうすれば合格できるか
その学習計画はどう作ればいいのか等の
進路相談会です。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 能力開発