2020年11月13日

共通テスト問題文を倍のスピードで読み取れる速読力

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


参考書を高速で読めれば多くの情報を
短時間で理解することができます。
またテスト中に問題文を高速で読めれば
沢山の内容を短時間で理解できて
問題を解く時間も短くなり
見直しもできて正解を得ることも
多くなります。

人は文字を1分間に300〜500文字
読むことができます。
1ページの文字数が1,500文字ならば
それを読み切るのに3分かかることになります。

2021年から始まる共通テストでは
問題文の量と資料の量がこれまでの
センター試験の倍以上に増えることが
予想されています。
例えば問題文が3ページにわたるようなら
1ページ3分かかるとすると3ページの
問題文を読み切るのに9分かかることになり
問題量が多くなる共通テストをやり終える
ことができません。
問題文を早く読み内容を短時間で理解するには
文章を素早く読む速読力が欠かせません。


文字を読む速度は視点をどこに置くのかで
読む速度はまったく変わります。
ほとんどの人は文字を1文字1文字読みながら
意味を理解しようとしますが
速読力を身に付けている人は
周辺視野を使いながら数文字から数十文字を
一瞬で読む能力を身に付けています。

周辺視野とは
ある1文字を読む時視野の中には
1ページの文字がぼんやりとして
見えているはずです。
それは中心視野に焦点を当てているので
その周りの視野に見える文字は
理解できるまでは見えていません。

周辺視野まで視野角を広げて
読むトレーニングを積むと
中心視野に見える文字を見ながら
その周りの100文字から300文字くらいが
一度に読めるようになります。

300文字が一度に読めると
1,500文字の1ページの文字が
1分から3分で読めるようになり
文字を読むスピードは3倍から
9倍に上がることになります。

中心視野だけでなく周辺視野を活用した
視野角を広める速読力のトレーニングは
まず緊張を解きリラックスすることから
始めます。
緊張していると呼吸は浅く視野が狭くなります。
眼をつむりリラックスしてゆっくり深呼吸をします。

その時脳に指令を出すように
「これから読む内容をすべて理解できます」
と自分に暗示をかけるように心に唱えます。
これをアファメーションと言って
これから読む内容をすべて理解できるように
自己暗示をかける言葉になります。

深呼吸を3回くり返したら
ゆっくり目を開けてこれから読む文章を
最初から最後まで見渡します。
どれだけの量なのかどんな内容が書いてあるのか
見渡しながら情報を集めます。

その後広い視野を使った読解を行いますが
これは1回や2回やっただけでは身に付ける
能力ではありません。
何度も何度もくり返し3か月〜半年くらい
くり返しトレーニングを続けて
ある時広い視野で文章が読めていることが
わかるようになります。

毎日勉強の時はリラックスして軽く深呼吸を
してから始めると集中力も付くようになります。
勉強のレベルを上げるコツは
毎日少しづつ練習をくり返すことです。
周辺視野を使った読解法もコツコツ練習をくり返した
人だけが身に付ける能力なのです。




サクセスでは高2生の大学受験相談を無料で行っています。
目標大学にどうすれば合格できるか
その学習計画はどう作ればいいのか等の
進路相談会です。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 能力開発

2020年09月23日

自学とはわかるとわからないを分ける勉強

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


中高生は10月になるとすぐに
2学期の中間テストがあります。
そして中間テストが終わると
11月中旬の期末テストまで
1月半の間隔が空きます。

多くの中高生はこの間部活に追われ
宿題に追われ2学期の勉強をする間もなく
あっという間に11月になり期末テスト対策に
追われて2学期を終えることになります。

しかし中学生・高校生で学年トップクラスを
狙うにはこの2学期の期末テストは
成績アップに欠かせないテストです。
そこで10月の中間テストが終わったら
英語と数学だけでいいので
自学の先取り学習で2学期範囲を終わりにする
勉強を先にしてしまいましょう。


勉強方法は簡単です。
学校の教科書の副教材になっているもの
中学生なら教科書ワークを2学期に勉強する箇所
(大体の部分でいいので)
コピーを取ってそれに解答解説を見ながら
答えを写します。

高校生なら数学の問題演習テキストや
英語のサブテキストを中学生と同じように
コピーを取ってそこに解答を写します。
これで準備万端です。

あとはコピーの教材をひたすら読んで
問題と答えと答え方を覚えてしまうのです。
反復回数は最低でも5回は繰り返しましょう。
その時勉強内容をわかる必要はありません。
わかるではなく問題と解答と答え方を
丸暗記するつもりで勉強してください。

教科書ワークを5回以上回繰り返し勉強出来れば
すべての内容をある程度覚えてしまいます。
そしてそれでも何を言っているのか
かわからない内容はふせんでも貼っておいて
その状態で授業を受ければ
自分のわからない場所で
先生の解説がわからない場所をわからせてくれて
授業を受ける質がまったく別次元になります。
つまり理解するための授業から
問題を解決してくれる授業に変わるのです。

きっと今までならつまらない先生の授業も
先生の解説のツボが納得できるようになり
授業への取り組み方が変わります。

先取り学習とは学習内容を完璧にわかる事ではなく
わかる部分とわからない部分を区分けして
わかる部分は授業でより明確に確認でき
わからない部分を授業で理解するための
事前学習になります。


自学とは自分で学ぶことです。
自分で学べない人は誰かに教えてもらって
やっとわかる部分と分からない部分を
一緒に教えてもらうので
いつまで経ってもわかるとわからないを
分けることができません。
わからない部分は自分で学ばないと
わからない事がわかりません。

教えてもらわないと勉強がわからない
と言う人は教えてもらうことが勉強だと
勘違いします。
そして親もよく教えてくれる先生は
良い先生だとこれも勘違いします。
これで勉強ができるようには
絶対になりません。

勉強ができるようになるとは
まず自学で大体の内容を学んでおいて
わかる部分とわからない部分を分けておいて
その上で授業でわからない内容を理解する
工夫をします。

この自学できる能力は中3や高3の受験勉強に
大きく生きるようになります。
受験勉強は基本的には自学で勉強を進める
学習計画が欠かせません。
そのためにも学校の勉強も自学で出来る
練習を繰り返すことが重要です。




サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 能力開発

2020年09月07日

小学生こそ将来を見据えた先取り学習を

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


文科省が普通科高校改革の方針を打ち出しました。
早ければ2020年から今ある普通科高校を
普通科と学際融合科・地域探求科(仮称)という
3つの科に分けるというものです。
おそらく大学進学を見据えた普通科進学校は
前橋市地区では前橋高校・前橋女子高校が残り
あとの前橋南高校・前橋東高校は全く違う
例えば英語に特化した高校や
理数に特化した高校になるなどの
特色を出した高校に再編されると予想されます。

現状の高校入試は学校の成績でトップ10位くらいなら
前橋高校・前橋女子高校を目指し
それ以外は「とりあえず普通科高校を目指す」
という進路指導が行われて成績や学力テストの
結果で前橋南や前橋東の普通科が進路になります。
実業高校はと言えば普通科では厳しいと言われた
生徒が選択する高校と言う位置づけになっています。

2020年からの普通科高校改革は
今の小学生に直接影響がある話になります。
今の少学生が中学生になり高校受験をする時には
「とりあえず普通科高校を目指す」という
曖昧な高校受験は姿を消していると思ってください。

高校受験から難関大を目指す前橋高校か
前橋女子高校進学を目指すか
あるいは英語に特化した英語専門高校の
前橋南高校を目指すか
あるいは理科教科専門高校の
前橋東高校を目指すか
あるいは前橋工科大学の附属高校になった
前橋市立前橋高校を目指すか
などと言う進路が待ってることになるかもしれません。
(あくまでも仮定の話ですが…)

高校普通科改革がどんな形になるか分かりませんが
中学校での勉強は今のような生ぬるい
「とりあえず普通科高校を目指す」という
曖昧な時代ではなくなることだけは確かです。


しかし現在の中学校の健全な肉体に健全な精神が宿る
と言わんばかりの軍隊式の部活最優先の学校生活が
多様な学力重視に理解を示す勉強優先の学校生活に
なるとは思えません。
おそらく高校普通科改革が行われて
「とりあえず普通科高校を目指す」という進路指導が
変わったとしても勉強で自分の人生を切り開くという
考え方は成績トップ10位くらいまでの生徒なら通用しても
それ以外の大多数の生徒には相変わらずの部活最優先の
学校生活は当分の間は幅を利かせることになるでしょう。

この固定化した中学校の部活優先指導をすり抜けるには
小学生のうちに中学校で学ぶ英語と数学と国語は
高校入試レベルの問題がこなせるくらいの学力を
付けておくことが必要です。
小学校の学校生活は中学校ほど固定化し
また部活動に学校での時間と精力のほとんどを
取られてしまうようなことはありません。

この小学校の余裕のある勉強時間を活用して
小学5年生辺りから中学範囲の勉強を取り入れて
小6の3学期くらいまでに中3の学習内容を
60%くらい理解できる学力をつけてください。

それが中学校に行き進路指導を受けた時
高校普通科改革で高校の姿が一変したとしても
どこを目指すかを明確に言える学力を
持つことになります。

サクセスの小学生コースは
小5生から国語と数学で中学レベルの
読解力と論理思考が身に付く学習を行います。
サクセス小学生コースへのお問い合わせは
お気軽にご連絡ください。




サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 能力開発