2022年04月30日

反復勉強で大学受験を乗り切る

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



受験勉強は覚えることが8割を超えます。
そして記憶を苦手としている人が非常に多くいます。
記憶するには反復勉強が欠かせません。
反復勉強をしないのには次のような理由があります。
@勉強が嫌いで反復は苦痛でしかない。
A反復勉強なんて面倒くさい。
B勉強する時間を持たない。

つまりそもそも勉強しないので
反復勉強がどれだけ受験結果を左右するのか
知らないというのが根本的な理由です。

勉強内容を覚える
つまり記憶のための反復勉強には
次の3つの作業があります。
@入力 インプット。覚えること。
A想起 アウトプット。思い出すこと。
B確認 チェック。覚えたことを再認する。

記憶というと頭に入れる「入力」ばかりに
目がいきます。
しかし入力だけでなく思い出す「想起」もしなければ
記憶はなかなか定着しません。
勉強とは記憶する時間と想起する時間のセットなのです。

1時間勉強する場合50分は入力する勉強中心にして
残りの10分は出力する時間に当てるといいでしょう。
しかしこれだけでは記憶は完全に定着しません。
そこで記憶の定着率を上げるために
今日やった問題を翌日の朝10分で確認する。
3日後にもう一度問題を解く。
という反復の変形スタイルを作ると更に記憶の定着が
進むことになります。

覚えるためには忘れない工夫をするのではなく
忘れたら覚えるという感覚で
何度も覚える反復勉強をすることです。

そこで参考書や問題集を何冊も同時に
やろうとする人がいますが
これが反復勉強の効果を悪くする原因です。
反復勉強を強化するためには
参考書や問題集は1冊に絞りそれを何度も反復する
「集中と完璧」という勉強法に変えることです。

1教科に何冊もの問題集をやろうとする人がいますが
これでは勉強の効果が分散して完璧な内容理解が
できません。
受験勉強をしていてもテストで結果が出せない人は
1冊の問題集も完全に把握できないことが原因です。
1冊の問題集を100%完成させるからこそ
テストでその成果が発揮します。

問題集の完全な理解は反復勉強で3〜5周は
繰り返し解きこむことでしか出来るようにはなりません。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明




夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 反復学習

2022年03月03日

問題集高速回転のコツは3割理解でどんどん先に進む

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



高2生が大学受験勉強をはじめて
受験用問題集を進めるときに
高校の授業のような勉強の仕方をしていては
受験勉強は上手く行かなくなります。

大学受験勉強は必要な問題集を反復練習して
知識を確実に定着するのですが
その反復回数は3回〜5回が普通です。
それを学校の問題集を演習するように
1問1問ていねいに解いていたら時間がいくらあっても
全く足りません。

受験勉強の問題集演習には高速回転が必要です。
1冊の問題集を1周30日で終えるためには
300ページあれば1日10ページやる必要があります。
それを1問1問ていねいに解いていてはとても
1日10ページなど進めることは出来ません。

高速回転法の勉強とは
問題を正確に解くという考えは捨てて
とにかく1日10ページの量をこなす
という勉強の考え方を変えるのです。

それには1問の理解度が3割でも
答えが間違っても答えがわからなくても
とにかくどんどん問題集を進めて行く
勢いが必要です。

そして高速で1周目が終わったら
その勢いで2周め3周目と問題集を解き進めます。
すると1周目では3割しか理解できない問題も
2周めは5割理解になり3周目は6割理解になり
と徐々に理解度が高まるようになります。

この時点になると理解度が6割に届かない問題は全体の
3割もないくらいになります。
そうしたらどうしてもわからない問題だけを
学校の先生に聞いたり友達で調べ合ったりして
理解を深めていきます。

また問題集は一部でもやってない部分があると
「この問題集は全部終わっていない」という
未完成感を持ちます。
すると分かる問題もまだわかっていないという心理になり
テストで出来ない問題になります。

問題集高速回転法勉強は「この問題集は完成している」
という満足感や達成感を持つことで実際のテストで
出来る問題になるという利点も持てるのです。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 反復学習

2021年06月02日

思考力は大量暗記から生まれる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



思考力とは問題を解決するための
「認識・仮定・行動」の3つのことを言います。
つまり
問題や課題が何なのかを認識する。
認識したものの解決法を仮定する。
仮定したものを具体的に行動する。
そして問題を解決する。
この3つを問題解決のための思考力と呼んでいます。

例えば次の期末テストで英語を90点にしたい
という課題があれば
今の自分の英語の得点を認識します。
そして足りないと思う英単語や文法を
勉強する方法を仮定します。
そして具体的に勉強する。

ただこの思考力の「認識・仮定・行動」を
1回こなせば問題解決することはありません。
実行する段階で上手く解決しなければ
他の方法を仮定し直してまた行動します。
このように認識・仮定・行動を何度もくり返して
解決法を見つけるのです。

大学入学共通テストでは
これまでのセンター試験で求められた
細かい知識の暗記ではなく
考える力をテストで求める思考力を
求めるテストにするという
入試改革が行われました。

確かに今年の大学入学共通テストはこれまでの
センター試験とはまったく出題形式が変わり
長い文章を読みながら問題を解いていく
一見考える力が必要なテストに変わったと思いますが
実はテストの形式は変わったものの
テストで点数を取るために必要な能力は
センター試験と何ら変わることのない
ぼう大な暗記力を必要とするテストです。

一見すると思考力と暗記力は
まったく別の能力だと思われますが
思考するとは認識し仮定し行動する
この認識することと仮定することには
自分の持っている知識が大きく関わります。

ある問題を解く時に問題を見て
「この問題は2次関数の問題だ」と認識するには
事前に2次関数の問題を大量に解いて
2次関数に関する知識を身に付けないと
2次関数の認識が出来ません。

そして2次関数の最大最小の問題は
「平方完成して2次関数の基本形に直す」
という仮定の解法を導き出して
実際に計算して答えを出す。
という作業が必要です。

この時に数学の基礎問題を大量に演習して
知識を記憶していないと
2次関数の問題を2次関数とは認識できないし
平方完成して基本形にして計算する
という仮定が思いつきません。

思考力というのは考える力であって
丸暗記のような記憶力は必要ない
と思われがちですが
そもそも自分の中に大量なデータベースがなければ
認識することも仮定することもできません。

認識する力と仮定する力を合わせて
試行力と言いますが
思考力の元は自分の中にある記憶された
知識を取り出して組み合わせたり組み替えたりする
複雑な創造性なのです。

創造性は0から出来るのではなく
1+1を2ではなく3にする力です。
創造性は元の1がなければ生まれません。

思考力や・創造性は大量に記憶した知識があって
はじめて生まれる能力だということを知ってください。
そして基礎知識をとにかく大量に憶えて
思考力のデータベースをつくってください。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 反復学習