2024年02月02日

自学自習能力は基礎読解力をつけることから始める

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。




東京を中心とした1都3県(神奈川・千葉・埼玉)の
私立中学入試が解禁されてこれまでで最多の受験生が
難関に挑戦したというニュースが流れていました。
大都市圏では今やその多くは中学受験をして
私立中高一貫校を目指す流れができています。
そのための中学受験塾の生徒獲得競争も激しくなっている
と言われます。

そして東大を始めとする旧帝大の国立トップ校には
首都圏や近畿圏の私立高校出身者の比率が増して
かつて地方公立高校から合格者を排出した名門高校は
その数を大きく減らしています。
これは小学3年生や4年生から進学塾に通い受験に精通した
学力を身に着けてその上で競争の激しい私立高校で序列争いに
勝ち抜く勉強を強いてきた生徒によって
国立トップ校に勝ち抜くテクニックを学んで来るからです。

では地方公立高校から首都圏の有名私立高校の生徒と勝負をして
旧帝大国立トップ校に合格するためには何が必要で
何が足りないのでしょうか。
それは教えてもらわないと勉強ができないというひ弱な学力ではなく
自学で難題を乗り越えるような強い基礎学力を自らが作り出すことです。
強い基礎学力をつくるためには基礎的汎用的な読解力が必要です。
特に読解力は自学自習のための土台です。

そもそも自学自習は基礎読解力がないとできません。
教科書や参考書を読んで意味を理解して自分の中で知識に変えて
模試や入試過去問で演習力を鍛えれば中堅の国立大学には
問題なく合格できます。
群馬県のトップ進学高校である県立前橋高校や前橋女子高校では
本当に勉強ができる成績優秀者は予備校や進学塾に通わなくても
自学自習能力だけで学校からの大量の宿題もスキマ時間にこなして
その上で早朝や学校帰りの頭がスッキリしている時間に集中して
問題演習や英文読解問題に取り組んでいます。

読解力を一言で言えば「情報処理能力」です。
文を読んでその中に何が書いてあるのかを分析して
その分析知識を違う問題演習で使いこなせる能力がつけば
教科書や参考書を自学自習で読み込んで過去問演習をしながら
入試問題の解法パターンを瞬時に見つけ出す問題解決力が
つくのです。





サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 一生涯の勉強

2023年11月13日

難関大や医学部入試で成功する人は10年思考を持っている

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



2024年の大学入試(共通テスト)まであと2ヶ月です。
ここに来て焦ってこれまでとは違う何かを始めようとしている人が
なんと多いことでしょうか。
「あと2ヶ月で偏差値を5上げたい」
「これから英語で得点を30点あげたい」
などという切羽詰まった行動に走るようでは
もうこの時点で合格は難しいのです。

このような短期間でものごとを成し遂げようとする人のことを
「サバイバルゲームの人たち」と呼びます。
まさに勉強したら明日には結果が出て欲しいと
考えている人たちです。
果たしてこのような人は大きな夢よりも今どうやって
この窮地を脱出するかだけを考えています。
そして「サバイバルゲームの人たち」はまさに
受験勉強を生きるか死ぬかの「カケ」のような
ストレスにまみれた勉強をしています。

大人にもこのような「1日思考」で働いている人が大勢います。
この人たちは「日払い」で収入を得るのが好きで
とにかく「少しでも働いたら少しでも早く報酬がほしい」
と考えています。
今日の1万円が1ヶ月後の10万円よりも大切なのです。

「あと2ヶ月で受験勉強の結果を大きく変えたい」
と思っている人はまさにこの「1日思考」の大人と
同じ思考を持った人になっています。
きっと大人になっても「1日思考」に凝り固まった
人生を生きることになる恐れがあります。

では大学受験勉強で結果を出す人の思考は
どのようになっているかといえば
それは「1年思考」という考え方を持っています。
大人の給与報酬の考えで言えば
日給や月給ではなく「年俸」を意識するような
生き方をする人たちです。

プロ野球選手や起業役員などは「1年間どれだけ仕事をしたか」
で翌年の年俸が決まります。
そして1年思考の人の年俸は月給で生活するサラリーマンの
何倍から何十倍の額の報酬を得るのが特徴です。
そして思考の面でも
いかに安定した生活をするかという停滞した思考ではなく
「今のままでは自分の成長が止まってしまうかもしれない」
という危機感をいつも持っていて
「自分の価値を上げてくれるための投資」にはいつも前向きに
取り組むのが特徴です。

これを大学受験に取り組む高校生に置き換えると
1年思考は高校生になった高1から
大学受験に向けて勉強や学びのための自己投資(準備)を
積極的に行う人です。

もちろんこれでも大学受験では大きな成果が期待できるのですが
東大や医学部を目指すような難関大に合格する人は
さらに先の思考を持っています。
それが「10年思考」です。
10年思考とは今やっている勉強や自己投資の成果を
10年先まで待てる人です。

今の高校生でこの10年思考を持っている人は
とても少ないのです。
私たちは自分でやると決めたことを10年計画で着々と進めていけば
どんな目標だろうと(東大だろうと医学部だろうと)必ず達成できます。
しかしほとんどの人はやり始めても2〜3年しか我慢ができません。
「自分はやっぱり向いていない」とか「自分には無理」と言い訳をして
せっかく積み重ねた勉強の成果をスパッと諦めてしまうのです。

東大や医学部受験に堂々と合格する人たちは
周りが何を言おうと「信じることのために10年間やり続けた人」
が圧倒的に多いのです。
東大合格者の中には「高校2年から受験勉強を始めて
2年で東大に合格した」などという武勇伝がよく出ますが
こうした話も本当は「10年間コツコツ勉強し続けて
最後の2年で本格的な勉強をはじめて合格した」という人なのです。

ある世界的に有名なメンタルコーチがこんな話をしています。
「たいていのことは10年間努力したあとに達成する」
自分の10年後の成功した姿をイメージして努力ができれば
どんな地位にも上り詰めることができます。
10年の努力ができればたいていのことは達成します。

「たいていのことは10年間努力したあとに達成する」
自分の10年後の成功のために今努力をしましょう。



サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 一生涯の勉強

2023年01月05日

勉強嫌いを好きにさせる解法暗記練習

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



勉強嫌いの人は過去の経験で勉強で挫折を味わったり
大きな失敗をしてそれが原因で勉強が嫌いになったという
何かしらの原因を持っています。

逆に勉強が好きな人は勉強で褒められた経験があったり
好きな本を読んで感想文を書いたら賞をもらったとか
算数の九九を誰よりも速く覚えてクラスでトップになった
といった成功体験を持っています。

勉強が嫌いになると宿題をするのが面倒になり
提出期限を過ぎて先生に怒られてさらに勉強に対する
悪いイメージが増してするとテストで名前を書き忘れたり
ドジな計算ミスをしたりする勉強の悪いループにハマります。

勉強のような精神面が大きな影響を与えるスキルでは
好きなものは時間も忘れてどっぷり浸かるのに
嫌いになると手も出さなくなる極端な行動に出ます。

一度嫌いになった勉強を好きになるためには
まずは楽に正解が出せる簡単な問題を選んで
それを時間をかけて正解を出し続けるような
勉強の工夫が必要です。

問題を解いてすぐに正解を出せると
1問にかける時間が短くなりこなす問題量が多くなります。
勉強嫌いをつくる原因の一つが難しい問題をこなすと
1問にかける時間が長くなり問題を解く気持ちが萎えて
その上解答が間違っているともうそれ以上問題を解く
意欲が薄れていきます。

1問にかける時間が短くしかも正解を続けると
勉強するリズムが良くなり
さらに多くの問題を解く意欲が増します。
問題を解くときに1問にどれだけ時間をかけるかは
数学を続ける意欲に大きく影響します。

では難しい問題をよく時にはどうすればいいのか
それは問題を見てすぐには答えが出せないと感じたら
すぐに解答解説を見てその解法を手書きで1回移して
正解を出す解法を確認したら
次の問題に進むようにしましょう。

そしてその後同じ問題を解いて答え方を覚えていて
時間をかけずに問題が解ければOKです。
2回目も正顔を出すのに時間がかかるのなら
まだ解法を理解していないのでもう一度解答解説を読んで
手書きでその解説を写して覚えてしまいしょう。

このように何度も解説を手書きで書いて
解法をを覚えていく勉強を「解法暗記」といいます。
数学の勉強は問題を見たら解法が瞬時に分かる状態が
最も優れた状態です。
そのためにはテキストにある解法を手書きですべて
書き込みながら覚えてしまう勉強が時間短縮に
一番効果的な勉強です。







サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 一生涯の勉強