2024年04月15日

模試は1週間後にもう一度受け直す

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



新高3生は新学期が始まってすぐに模試が実施されます。
その模試は共通テストを主眼にしたマーク模試か
私立大までをターゲットにした記述模試か
その両方の模試を定期的に交互に受験しながら
高3生の1年が進んでいきます。

模試の受験は目指す大学への合格可能性を見る
腕試し的な意味合いで受けるテストになります。
しかし模試の本当の効果は受けたあと1週間後に
もう一度受け直すことで合格への実力を倍加して
上げることが出来ます。

受け直すとは模試実施当日本番と同じように
時間を決めて試験を受けることをいいます。
しかし1回目の模試本番のような初見の問題を解く
のとは違い1度解いた問題を事前に解説を読んで
特に出来なかった問題や間違った問題の
内容を理解したその上で模試を受け直すのです。

これでわかることは解説を読んで「わかった」
と思ったことが実は「わかっていなかった」
という理解不足の部分を見つけることあります。

入学試験に出る問題が一度解いてわかっている問題なら
その問題には正解できます。
つまり入試で出る問題のうち一度解いてなおかつ
正解が出せる問題が多くあれば入学試験で合格することが
出来るのです。
その「入試学試験」で出る問題を「一度解いて正解が出せる」
ようにすることが受験勉強の本質です。

では入学試験で初見の問題でも「一度解いたことがある問題」
でありなおかつ「正解が出せる問題」にするにはどうするのか。
それが過去問や模試の問題の検証と解き直しです。
特に共通テストはそれ以前のセンター試験を含めた出題傾向が
ほぼ同一的な問題傾向になっていることは周知の事実なのです。
模試はその共通テストの出題傾向を研究してその出題傾向に
合わせた問題構成になっています。

つまりは共通テストの過去問や模試の問題をすべて
解き直して覚えてしまえば入試本番でも合格点が取れる
レベルには到達することが出来るのです。
その模試をただの腕試しとして結果を見て終わりにしている
模試のムダ遣いをしている高校生がなんと多いことでしょうか。
模試は初見で受けたあとそのテストと解説をじっくり検証して
1週間後に受け直しをしてそれでどんな結果になるのかを
自己分析しながらなり直してください。






サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習効果

2024年04月14日

英単語はストーリーと一緒に覚える

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



英単語の意味だけをチェックする覚え方では
その場だけの短期記憶になりやすいのです。
英単語集をペラペラめくりながら覚えてる勉強は
単調で忘れやすいという欠点があります。
英単語を覚えるためには興味深い物語(ストーリー)と
一緒に覚えるやり方が長期記憶に残る方法として
一番適した勉強なのです。

大学入試に必要な英単語数は高校で学ぶ領域で2,000語
高校入試レベルで1,500語と言われて合計で3,500語が
必要になります。
これだけの英単語数を一気に覚えることは不可能でしょう。
英単語は高校3年間をかけて地道に覚えていくものです。
そして興味深い英文と一緒に覚えたものは一生ものの
知識になります。

このような英単語記憶に必要な要件を満たしている
英単語集としてサクセスでは「速読英単語」(Z会)
の入門編と必修編の2冊を紹介しています。
速読英単語は英単語を物語を読みながら一緒に覚える
効率的に勉強できる構成になっています。

そしてストーリー性が面白くて学習が継続する
要素があります。
これは英単語集としてだけではなく
物語としても読み進めることができます。

学習ペースとしては一気に覚えるためには
1日5ストーリーを読んで英単語の復習時間を
1日30分つくります。
このペースで1冊を1ヶ月。
2冊仕上げるのに2ヶ月を要します。

高1〜2生なら1日2ストーリーを読みながら
3〜4ヶ月で2冊を読み切るくらいのペースでいきましょう。
もちろん英単語集は1回で終えるものではありません。
入学試験直前まで3回でも5回でも何度も回しながら
ストーリーと英単語をソラで言えるくらいに
馴染むまで何度も反復してください。
英単語が「馴染む」という感覚は1冊の英単語集を
ボロボロになるまで読み込んで初めて感じる感覚です。
そのような勉強ができてはじめて日本語を読むように
英文が読めるレベルに行き着くのです。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習効果

2024年03月26日

中学1年数学は計算力の強化が最優先

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



中学1年の数学は計算式を基本にします。
中1から始まる内容は正負の数・文字式・方程式・比例反比例
と進みますがこの大部分は計算式が多くを占めます。
中学数学を苦手とする人は実は計算式の基礎である
小学校算数の計算問題で苦手意識を持つようになります。
例えば分数の計算や小数の計算など基礎計算力がないと
計算問題に時間がかかりその上計算ミスが出るので
さらに算数の計算問題を遠ざけるようになります。

このような生徒が中学になり数学の授業が始まると
まず正負の数の計算式で途端に✗ばかりもらうようになり
さらに数学の苦手意識を増大していきます。
計算問題は日常的な計算練習を積まないと
計算力はつきません。

それには計算問題だけ大量に解くドリルのような
計算問題集をやり込むことで計算力を付ける練習をする
以外に計算力を付ける方法はありません。
しかし中学の授業では数題の練習問題を黒板で解説して
あとは教科書ワークの練習問題を宿題として出すだけです。

ここで分数が出来ない人や正負の計算の理解が出来ない人は
さらに正解から遠のいて正解を赤ペンで書き込んで終わり
という状態を繰り返すことになります。
これでは中学数学の定期テストで50点を超えることは
不可能になります。

サクセスで中学生の問い合わせが一番多いのが
中1の2学期あたりで定期テストの数学が全滅状態になり
点数が20点も取れないことに親もようやく気づき
そこで中学の計算問題を基礎から練習できる塾探しをして
サクセスにたどり着くというケースが多いのです。

もちろん中1の2学期あたりから計算練習を始められれば
時間をかけずに計算式で学年トップレッベルに上がることは
難しくありません。
しかし中2の2学期の終わりから中3の受験勉強を考え出して
それから塾探しを始めてサクセスにたどり着く生徒の場合
すでに中1の計算式から崩壊状態なので
中1の計算式の練習から始めると半年くらいはすぐに経ちます。
この時点ですでに中3の夏休みくらいにはなってしまうので
そこから他の教科の勉強を始めるという
とてもタイトな高校受験勉強になってしまいます。

中学数学の基礎計算力は高校入試のために仕上げるのではありません。
数学の基礎計算力は高校での数学の授業の成績や
その先の大学入試の受験勉強にまで大きな影響を与えます。
それが中学の最初の正負の数からの基礎計算力にあるのですから
これから中学校に入学する小6生は小学レベルの計算問題を
徹底して練習しておくことをお勧めします。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習効果