2022年01月05日

共通テスト対策は1教科赤本2冊で8割を目指す

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



高2生が「大学受験を始める」と決めるときに
最初に解く問題は共通テスト過去問です。
共通テスト過去問の代表は赤い表紙の
「赤本」と言われる問題集です。
実際には「赤本」とは各大学の情報や2次試験の
問題が載っているものですが
同じ出版社が出している同じ装丁の本なので
共通テスト過去問も赤本という場合が多いです。

赤本は大学入試の直前に腕試しで問題を使う生徒が
いまだに多くいますが
これでは赤本の効果をうまく使いこなせません。
赤本は大学受験を始めると決めたその日に
使い始めるものです。

そして国公立大学を目指す高校生なら
共通テストは必須のテストで
このテストが8割得点できれば
難関国立大以外ならほぼどの国公立大学は
合格圏内に入ります。

そのためにやる勉強は
共通テストに出る問題だけを覚えればいいのです。
それには過去問は避けては通れない勉強です。
また解いたことのない問題も初見の問題も
どのようにしたら解けるのかもその傾向と対策はすべて
過去問の中に掲載されています。

とくに理科や社会の教科は暗記の量が半端なく多くて
これを真面目に勉強していたらいくら覚えても
試験本番までにはとても間に合わない勉強になります。
では理科や社会の共通テスト対策はどうするのか
それは過去問を10年分すべての問題と解法と
解答を覚えてしまうのです。

そのためには理科や社会の過去問は
2冊買うことを勧めます。
そして1冊目の過去問には
解答を見ながら問題文中に解答を書き込みます。

もちろん理科の計算問題などは
途中式や解答に導く公式やヒントなど
すべての解説を手書きで書き込みます。
そしてそれを参考書として
徹底的に覚えてしまうのです。

2冊めはもちろん覚えた知識が使えるかどうか
過去問演習として使います。
1冊目の参考書としての赤本は3ヶ月くらい
繰り返し繰り返し覚えるまで反復します。
そして定期的に2冊めの赤本で過去問演習をします。
これだけの量を勉強できれば
理科や社会は模試の成績もあっという間に上がります。

主要3教科の英語・数学・国語に関しては
数学は解法パターンを覚えた上で過去問演習に進みます。
これも過去問が2冊あれば1冊を解法パターンを
覚える暗記用の参考書として2冊めを問題集として
活用できます。

英語・国語に関しては読み込み用の参考書として
赤本は1冊あれば問題ありません。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習効果

2021年09月09日

文科省の小中学力テストの結果考察

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



毎年文科省が全国の小中学校で実施する
小中学校学力テスト結果が公表されました。
それによると学校休校と学力の低下の関係は
見受けられないという結果が分かった
ということです。

しかしこれには問題があります。
それは2021年の大学入試を見れば
学校休校とテスト結果の因果関係はないとは
一概に言えないからです。

2021年はそれまでのセンター試験に代わり
大学入学共通テストが実施されました。
センター試験は大学入試に一問一答的な丸暗記を
要求する試験という欠点から
大学入学共通テストでは読解力や思考力や
試行力など様々な能力を駆使する試験として
センター試験と比べて平均点は下がると言われました。

その上2021年はコロナ過で3月から5月まで
学校が休校するという異常事態になり
学習の遅れで更に平均点が下ると思われましたが
実際には前年のセンター試験よりも
平均点が良かった教科があるなど
学習の遅れは問題なかったと言える結果でした。

しかし根本的にはコロナ禍の学校休校は
これまで指摘されてきた
勉強ができる生徒と勉強ができない生徒の
学力格差をさらに助長する結果になったのです。
つまり勉強ができる生徒は学校休校を利用して
自学やオンライン学習や塾などで勉強をして
さらに勉強ができるようになり
勉強ができない生徒は学校休校で勉強する機会を奪われて
さらに勉強ができなくなってしまったのです。

まさに2020年3月から5月の学校休校は
夏休みが3か月も続いた状態でした。
毎年夏休みは勉強をする生徒と勉強しない生徒の
格差が一気に広がる時期ですが
春3か月と夏1か月の学校休校は自学や勉強ツールを
使って勉強ができる生徒は新しくなる共通テストの
対策がしっかりと出来たのです。

それにより大学入学共通テストは
勉強ができる生徒の平均点がかなり上がり
それが全体の平均点を上げる結果になりました。
決して全体の平均点が上がったわけではないのです。


勉強は学校で教えてもらうもの
塾で教えてもらうものという受動的な生徒が
全体の6割ほどいると言われます。
このような生徒は学校や塾で勉強したり
宿題を出してもらって勉強をするという
受け身の勉強が長期休暇になるとできなくなる
というのが学校の課題なのです。
このような生徒に如何に宿題を多く出して
家でも勉強させるかが苦労する部分なのですが
学校休校が長引くと何も言わなくても勉強する生徒と
しつこく言わないと勉強しない生徒の学力格差は
さらに広がることになります。

今回の全国小中学校学力テストで
テスト結果から学校休校の影響は学力格差には
相関関係はなかったと言ったのは
休校によりさらに勉強時間を増やした層が点数を伸ばし
学力テストの平均点を牽引した結果であろうと思います。

点数には表れないけど学力不振層の
勉強レベルはさらに悪化して自学でも勉強をする
優秀層との学力格差は大きくなっていることを
見逃してはいけないと思います。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習効果

2021年09月02日

参考書から過去問ではなく過去問から参考書

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学入試は高校入試とは試験に対する考え方が
まったく違う入学試験です。
高校入試なら群馬県の入試問題を90点平均で
取れる生徒なら栃木県の高校入試問題でも
東京都の高校入試問題でも90点平均を取ることは
可能です。

しかし大学入試は東大の入試問題と京大の入試問題は
まったく別次元の問題になります。
東大の入試問題では合格するけど京大の入試問題では
落ちるということが平気で起きます。

つまり東大に合格するためには
東大の入試問題で合格点を取るための
受験勉強をすることが大事なのです。

それはスポーツで野球を上手くなりたいのに
テニスのラケットの素振りを何回もするのに似ています。
野球が上手くなりたいのならバットを持って
素振りをしなければ野球が上手くはなりません。
勉強でも東大に合格したいのに
京大に合格するための勉強をしていては
東大には合格できないのです。

大学入試で自分が目指す大学に合格するには
自分が目指す大学の入学試験だけに
合格する勉強ができれば
自分が目指す大学には必ず合格します。
そのために必要な勉強をどうすればいいか
それが書いていある問題集があります。
それが「過去問」です。

今大型書店に行くと受験参考書コーナーには
必ず「赤本」と言われる冊子が並んでいます。
そこには各大学の特色や入試要項や
受験勉強のための対策法などが掲載されていますが
特に大事なのが過去問です。

受験生は目指す大学が決まったら
赤本を買ってきてその大学の入試問題を
1回は解いてください。
その時問題が解けなくても全くかまいません。
きっと手も足も出ない状況でしょう。

ではなぜ過去問を解くのかと言えば
今の自分とのレベルの差を痛感してほしいからです。
そしてどうしたら自分が目指す大学の過去問が解けるか
真剣に考えてください。

そして解答や解説を読んで
どうしたら問題が解けるかを研究してください。
その様な研究と分析を何度も何度もしていると
自分が目指す大学の入試問題には
ある特徴があることが分かってきます。

それがその大学の入試問題の出題傾向になります。
その上で自分が目指す大学の入試傾向にあった
勉強ができれば最短距離で合格に向かうことができます。

ほとんどの受験生は参考書を使って無駄にたくさんの
知識を覚えようとします。
そしてその膨大な知識が覚えてる無駄な時間を
大量に使ってから初めて過去問解きをします。

おそらくこれでは試験本番までに
受験勉強を仕上げることができません。
また勉強に無駄が多くなり時間をかけて
勉強した割には過去問が解けないという
悲惨な状態に気付くのです。

これは根本的に勉強法が間違っています。
最短距離の受験勉強は
参考書から過去問ではなく
過去問から参考書への勉強なのです。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習効果