2022年01月02日

受験勉強でどこを勉強すれば点になるのか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学受験勉強で超効率的な勉強とは何か
それは入学試験に出るところだけを勉強する事です。
それがわかれば苦労はしないと言われそうですが
大学の入試問題ほど出るところが最初からわかっている試験は
そうザラにありません。






サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 目標達成法

2021年12月20日

共通テストは最後は基礎力が合否を分ける

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



試験問題はすべて大きく分けて
知っていてできる問題と
知らなくてできない問題に別れます。

試験勉強とは知らない問題を極力少なくして
知っていてできる問題を増やす努力なのです。

しかし知らなくてできない問題を
いくら時間をかけても皆無にすることはできません。
知らなくてできない問題に意識を向けると
もう自分の勉強は知らないことばかりで
不安が増すばかりです。

入学試験は満点を目指すテストではありません。
たとえ難関と言われる大学でさえ
85%正解が取れれば合格するテストです。
つまり知っている問題が80〜85%あれば
難関大でもほぼ合格レベルに達するのです。

ではできない問題は知らなくてできない問題か
といえばそうではなく
できない問題の7割以上は
知っているけどできない問題なのです。

つまり大学入試で合格をするためには
知らなくてできない問題をできるようにする
勉強ではなく
知っているけどできない問題をできるようにすれば
多くの受験生は合格レベルを超えることができます。

特に共通テストは標準問題でできています。
難問と言われる問題は出題されません。
もちろん共通テスト独特の問題形式があり
その問題形式にあった勉強ができないと
問題に正解することができません。

共通テストで80〜85%の得点を取るには
知っているけどできない問題を極力なくす
勉強をするのです。

そのためには共通テストの基礎を徹底的に
潰す勉強をすることが重要です。
過去問演習はその最適な勉強になります。
これからあと1ヶ月で仕上げる勉強は
過去問の5年分〜10年分の問題を
完全に覚えてしまう勉強が最高の勉強になります。

過去問をすべて覚えて知っていれば
知っているけどできない問題はなくなります。
そして知らなくてできない問題は手を出さずに
捨て問にしてしまえばいいのです。

知っていてできる問題が全てできれば
共通テストで80〜85%を取ることは
さほど難しいことではないのです。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 目標達成法

2021年12月17日

目標のパワーを引き出す2つの質問

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



目標とは
「計測可能」で「具体的」で「期限が決まっている」
ものを言います。
そしてビジョンを実現するために
ビジョンの成果を細かく分けて
一つずつ達成するものが目標です。

目標にはパワーがあるといいます。
確かに目標を一つずつ達成していくと
どんな大きなビジョンでも成し遂げることができます。
アメリカのNASAが人類を初めて月に送った
アポロ計画は壮大なビジョンのもとに計画されましたが
その実現には細かい機器の製作一つひとつを
どう作るかといった目標達成の積み重ねに過ぎないのです。

しかし目標達成のパワーを引き出す能力は
人それぞれの能力にかかります。
壮大な目標を立てて厳しい訓練を積み
大きな代償を払って驚異的な記録を残す人もいれば
ダイエットに臨み「デザートは食べない」と決意しても
3日後に挫折する人もいます。

目標を自己実現の糧にする人と
「絵に描いた餅」にしかならない人の違いは
その目標にしっかりとした意味付けがあるかで
目標達成の精度が決まります。

その意味付けは2つの質問に分けられます。
1 なぜそれを達成したいのか
2 どうやって達成したいのか
この2つの質問に明確に答えられることが
目標達成の土台になります。

受験勉強においても目標を決めることに
さほど苦労することはありません。
「〇〇大学に合格する」と目標を決めればいいのです。
しかしなぜその大学に合格したいのかという質問に
正確に答えられないと挫折の連続が訪れたときに
すぐに目標は「絵に描いた餅」になり
自分の行きたい大学ではなく行ける大学に
方向転換せざるを得なくなります。

この質問は深く心に根ざすものでなければいけません。
「なぜそれを達成したいのか」は明確なら
どんな障害であろうとそれを乗り越えるための
エネルギーが満ちています。
内面で赤々と燃える炎のような情熱があれば
それを達成するまでエネルギーは尽きません。

しかし達成したい理由があやふやだと
努力が義務感に変わりゴールに辿り着く前に
エネルギー切れがおきます。
目標達成を義務ではなく主体的にするためには
動機がいります。
動機とは「なぜ」と問うことです。


どのように目標を達成するのか
そのためにはその方法を見つけることです。
「〇〇大学に合格する」という目標の
「どのように」は勉強の仕方をどうするかが
課題になります。

「勉強する」というレベルは
「なぜそれを達成したいのか」のレベルによって
その質が変わります。
達成したい目標が難関大なら「勉強する」レベルは
かなりなものになります。
達成したい目標が地元の公立大学なら
高校の定期テストでトップクラスを維持し
学校の推薦を受ければ合格は有利になります。

目標設定とそのためのパワーの出し方は
目標設定そのものの質とレベルによっても
大きく変わるのです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 目標達成法