2024年04月03日

受験勉強時間を確保するために何をやめるか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



現役高校にとって学校の授業の課題(宿題)をこなす時間と
受験勉強を進める時間の確保をどのように両立するのか
それが勉強の時間管理の命題になります。
高校生にとってやはり学校の成績が悪くなると
親の目が気になるし先生からの呼び出しも気になるし
ましてや赤点など取ろうものなら進級に響く第問題になります。

どんなに国立大学や有名大学を目指して受験勉強に時間を割いても
定期テスト前になるとテスト勉強に時間を取られて
受験勉強に身が入らなくなるのは仕方ないことです。
サクセスでも目指す大学のために受験勉強を始めても学校の成績に
影響が出るとどちらの勉強を取るかという二者択一に迫られて
受験勉強をやめることになり塾を辞める生徒が
毎年出ることは残念で仕方ありません。
このような生徒は結局学校の成績を優先して学校が勧める
学校推薦や一般推薦で私立大学を進路にするようになります。

大学受験勉強と学校の授業とその課題は本来二者択一で
どちらかを選んでどちらかを捨てるという対立関係に
あるものではありません。
時間管理の考え方は学校の勉強も優秀にこなし受験勉強も
確実に進められるそのために
この2つの勉強を両立できるためにそれ以外の時間で
何を削れば2つの勉強が両立出来るのかを考えるものです。

部活動をやっていればその部活動は自分の人生に
なくてはならないものか考えてください。
家庭での勉強時間を確保するために家庭で過ごす時間で
どのように勉強時間を組み込むのかを考えてください。
朝の時間や学校から帰宅直後の時間は意外と空き時間に
なっていることが多くあります。
そして学校にいる時間で受験勉強の時間を作れないか
考えてください。

受験勉強の時間確保は国立大学を目指すためには
できれば高2の段階から始めることが理想的な勉強です。
そこで自分の生活全般を総合的に見直して
何を最優先事項にしてその時間を確保するために何をやめるのか
やめることを具体的に書き出して時間を作り出すとをやれば
学校の勉強と受験勉強の両立は可能になります。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理

2024年03月25日

高校生の受験勉強には時間管理能力が求められる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。




現役高校生が大学入試受験勉強を始めると
勉強の両立という壁にぶち当たります。
それは受験勉強と学校の授業や課題提出との
2つの勉強の多さにどちらかの勉強をあきらめざるを得ない
状況になるからです。

特に新高3生でこれから受験勉強を始めるという人は
試験教科の完成度が低ければこれから国立大学を目指す
という壮大な計画は最初から厳しい局面にぶち当たります。
なにしろ国立大学の共通テスト教科は5〜6教科7〜8科目が
課せられる試験です。
これから9ヶ月でこれだけの教科数を仕上げるには
原点で英語と数学がすでに仕上がっているという状態が
望ましいのです。

それでもどうしても今から国立大学を目指して
共通テストの勉強を始めたいというのなら
時間管理のスキルを身に着けてください。
時間管理は1日24時間の中で最優先事項を決めて
それををどのように時間配分すのか計画的に決めて
実行することです。
当然高3生の最優先事項は受験勉強ということになります。

まず1日24時間の中で睡眠の時間を除きます。(約7時間)
残り17時間を「朝」「学校」「帰宅後」「夜」
の4分野に分けてそれぞれどれだけ受験勉強に当てられるかを
考えます。
1日にかける受験勉強の時間を平日は5時間とすると
「朝」起きたらすぐに1時間
「学校」で休み時間やスキマ時間で2時間
「帰宅後」家についたらすぐに1時間
「夜」1時間
としてこれで5時間の受験勉強時間が確保できます。
学校の課題は学校の放課後や夜の残りの時間を使います。

しかし高校生には学校の定期テストがあります。
定期テスト2週間前からは受験勉強の時間を3時間に減らして
定期テスト対策の時間を5時間くらい確保します。

このように現役高校生は学校の勉強と受験勉強の両立という
難しい選択を強いられます。
そこは臨機応変に受験勉強時間と学校の勉強と課題の時間を
増減しながら対応してください。





サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理

2024年01月27日

受験勉強はグラデーション時間を考える

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



ビジネスで成功をした起業家が一様に話すことは
みな共通点を持っています。
それにはいくつかあるのですが
それらすべてが受験勉強にそのまま役に立つ共通点です。


まず起業で成功する人はそのビジネスが好きで好きで
休みなど取らないで夜寝ているときでさえそのビジネスのことを
真剣に考えて眠りについています。
中には枕元にメモ帳をおいてまどろみの中でふとひらめいた
ちょっとしたヒントを書き留めてそれを翌日すぐに
形にする行動に移すという行動力の持ち主です。

これはそのまま勉強の時間管理に役立ちます。
多くの高校生は勉強の時間と休みや遊びの時間を
きっちり分けようとします。
その結果勉強の時間になると楽しい時間から辛い時間にかわる
その変化を嫌って勉強の時間になっても勉強に手が出ないのです。

しかし勉強時間と休みに時間をきっちり分けない時間になると
ちょっとした時間を無駄にダラダラと過ごすのではなく
わずか5分でもいいので学校や塾の復習時間に当てたり
学校や塾から帰ってきた直後にすぐに勉強する時間をつくったり
生活イコール勉強のような時間配分になります。
それはちょっとしたスキマ時間に勉強する
そのわずか5分のちょっとしたスキマ時間を有効に使うのは
有能な起業家と同じ思考の持ち主になります。

次に時間管理の考え方ですが
一般の会社員は朝決まった時間に会社に行き1日8時間働きます。
そして週に5日働いて2日休むという決まった働き方をします。
つまり一般の会社員の休み方のパターンは1日の中と1週間の中で
仕事をする時間と休む時間が決まっていて仕事と休みに一線を引く
ONとOFFをしっかりと分ける生活を送っています。

では有能な起業家はどのような働き方をするかといえば
それは労働時間と休み時間の区別のない
1日を「グラデーション時間」という考え方で過ごしています。
「グラデーション時間」とは一言でいうと勉強する時間と休む時間の
ONとOFFの明確な区分けがなくて
「ここからは休みだから仕事のことは一切考えない」という
しっかりしたメリハリをつくります。

優秀な起業家はONとOFFの明確な区分けをしません。
遊んでいるときも仕事のヒントがひらめくと一瞬で仕事モードに
突入しますし逆に仕事をしているときも遊び感覚で
楽しんで仕事に向かうこともあります。
つまり仕事と休みの境界が無くて
一般の会社員のような「ここからは休みだから一切仕事のことは
考えない」という境界がないのです。

このような境界のない行き方を「グラデーション時間」と呼びます。
まるでコップの中で赤と青のシロップが混ざった様を表したような
生き方です。
勉強時間にしても「ここからが勉強時間」「ここからは休みの時間」
というふうなはっきりした区分けがなく
休みながらもちょっと気になる箇所の復習をしてみたり
友だちと数学の計算問題の正確率をお菓子をかけて争ったり
勉強に遊び感覚を取り入れて集中力を高めたりすることもできます。

つまりグラデーション時間とは勉強時間と休み時間や
遊び時間のはっきりとした区分けをなくして
自分の生き方そのものを勉強主体にシフトして
なんとなく1日中勉強をしているような感覚になるように
意識づけする生活習慣を目指す時間管理です。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理