2021年02月21日

大学受験の勉強時間のつくり方

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学受験勉強をする場合平日は学校の授業もあり
なかなか時間がつくれないという悩みがあります。
そんな中で短期間で偏差値を上げて志望大学に合格する
人は勉強時間を工夫しながら学習計画をつくっています。

受験計画をつくる時時間で計画をつくる人が多いですが
受験計画は時間ではなく勉強内容でつくることを勧めます。
例えば時間だけで受験計画をつくる人は
1日8時間勉強するという計画をつくりますが
8間時間かけて問題集を20ページこなすのと
4時間で20ページこなすのでは時間効率が
倍以上違います。

受験勉強の時間管理の原則は
かける時間内にどれだけの量をこなすのかを
計画することが重要です。
例として数学の勉強をする時チャート式数学の
例題を1日10例題解くと決めたら
1時間で10例題解くことを決めるのではなく
10例題を解く時間を夜7時から8時までにすると
決めるのです。

すると1時間では10例題解けないこともありますし
1時間で15例題解けることもあります。
その場合1時間で10例題解けなければ
あと30分延長することもありますし
40分で10例題解ければあと5例題追加してもいいし
40分で終わりにしてもいいのです。

時間で区切って勉強計画をつくると
その時間が終われば勉強が終わります。
途中でも時間がくれば終わりです。
しかし勉強内容で計画を作れば
その内容が終わることが勉強の終わりになります。

受験計画は1日にこなす教科数を2教科くらいに絞り
1冊の問題集がどれくらいで終わるのかを
機械的に割り振って1日にこなす勉強量を決めます。
そうしたらその勉強量を1日の中のいつ何時間なら
できるかを考えて計画をつくります。

チャート式数学1Aな250例題を1日10例題やるとすると
延べ25日で1回終わります。
時間ではなく勉強量で計画をつくると
1日10例題をいつ何処でやるかを考えるようになり
朝早く起きて2例題だけこなして学校の空き時間を
活用して3例題こなしてなどという
勉強を分散してこなす工夫も考えられます。

勉強を時間で計画したらこのような
分散勉強や細切れ勉強のアイデアは生まれません。
大学受験勉強は膨大な勉強時間が必要ですが
まとまった時間で計画をつくるのではなく
勉強の内容と分散時間を工夫した計画で
結果として大きな時間をつくれるのです。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明





夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理

2021年02月11日

中学期末テスト450点を超えるための学習計画

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


中学では2月中旬から下旬に3学期期末テストがあります。
早い中学では2月17日から始まりますが
多くの中学では2月24日から3日間期末テスト期間
になります。
中学の期末テストは2週間前くらいになると
テスト範囲のプリントが渡されてそこから
テスト勉強が始まるというパターンが多いです。

しかし本当に学年トップを争う生徒は
テスト前2週間というのはもうほぼテスト範囲の勉強は
完成していてあとはテスト範囲が決まったら
改めてその部分を強化するくらい勉強が進んでいます。

期末テスト前2週間でもうテスト範囲の勉強は完成している
という学年トップクラスの生徒と
期末テスト前2週間でテスト範囲表が渡されてから
さあ期末テストの勉強を始めようとする平均的な成績の
生徒との差はもうテストが始める前に決まっています。

100メート競争で平均的な生徒が「位置について」の
合図があってスタートラインに付いた時には成績優秀者は
もう50メート先を走っていると言った光景でしょうか。

100メート競争ならフライングが取られる光景でも
テスト勉強では2週間前になって全員一緒にテスト勉強を
始めるなどというルールなどありません。
まさにテスト勉強は「先んずれば人を制す」
なのです。

学年トップクラスの生徒はテスト開始1か月前には
次のテストの範囲を予想してテスト勉強に入っています。
おそらく英語・数学に関してはテスト勉強に限らず
日常の学習で授業の復習をしっかりと行っているので
改めてテストのための勉強をしなくてもテスト対策は
すでに完成しているのです。

なぜ学年トップクラスの生徒は日常の勉強が
しっかりできるのかと言えば
日常の勉強は期末テストのためだけの勉強ではなく
自分の夢や目標のための勉強になっているからです。

将来医師になって多くの人の病気を治したい
AIの研究をして交通事故のない社会をつくりたい
そのために大学は医学部や先端技術が学べる理工学部
に行きたいので勉強はそのためにしている。
という目標が明確になっています。

勉強がテストのためという目先の小さな目標だと
テストが近くなると突然勉強を始めて
テスト範囲の知識を必死に覚えてそしてテストが終わると
もうその知識は用がないのですぐに忘れてしまいます。
勉強がテストで点を取るという手段になると
ある程度までは点数が取れても決して
学年トップクラスにはなれません。
期末テストで90点平均までは努力をすれば
手が届く点数ですがそれ以上の95点平均というのは
勉強が毎日の習慣にならないと届かない点数になります。

サクセスでは中学期末テストの勉強を
大きな夢や人生の目標から計画をして
どうしたら450点を超えるのかを話し合いながら
学習計画をつくり指導を行っています。
サクセスの中学学年トップクラスを目指す学習指導に
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理

2021年01月21日

中学期末テストで学年下位から300点を超えるための勉強

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


2月になると中学では3学期期末テストが行われます。
このテストは学年の総まとめとしてテスト範囲が
1年間の総合範囲ということもありますが
多くは2学期期末テスト以後の学習内容をテスト範囲にする
狭いテスト範囲で行われます。

中学校の定期テストは高校入試の内申点に
ダイレクトに影響します。
群馬県の公立高校入試では前期試験と後期試験が
行われますが前期試験は推薦試験の性質があり
中学からの内申点が合否に直接影響します。
特にここ数年大学入試に実績のある前橋高校や
前橋女子高校でも前期試験で定員を増やす傾向にあり
前橋高校では定員の30%前橋女子高校では定員の25%が
前期試験で合格します。

中学の定期テストは学校内の序列をつくることに
大きな意味を持ちます。
全学年を1位から最終位までを点数をつけて序列化して
順位で内申点を振り分ける時の資料にします。

定期テストで点数が取れない生徒のその原因を上げると
最も大きな点が勉強時間が足りないという点です。
テスト範囲が分っていてそれでテスト勉強ができないのは
勉強量があまりにも少ないからと言えます。

もう一つ言えるのは勉強の仕方が分からないという点です。
学校では勉強は教えても勉強の仕方は教えません。
しかし勉強の出来はどうしたらテストで点が取れるのか
という勉強の方法を知っているかが点数に大きく関わります。

試しに社会でいいので授業で使う学教科書ワークを
テスト範囲の部分を答えを隠して5回繰り返し
答えを手書きで全部覚えてください。
社会ならテスト範囲の教科書ワークを
5回反復すれば期末テストで80点は取れる
そのくらいの力が付きます。

定期テストでトップクラスの成績を取る生徒と
下位に低迷する生徒の違いは
まず絶対に成績を上げるという決意が足りない。
そして絶対に学年上位に行くという意欲もない。
これは覚悟の問題です。
それくらいの覚悟があれば勉強量も
勉強の意欲も別人のように増えます。

現在学年下位に低迷している生徒は
この期末テストで上位に急上昇するなどと言う
途方もない夢を追いかけなくていいので
まず手始めに一番好きな教科1教科で80点を狙う
勉強を始めてください。

今まで勉強していない生徒が突然休みの日に
1日8時間も勉強するなんてありえません。
今まで1時間も勉強していないのならまずは
休みの日に好きな教科の教科書ワークを
1日に1回テスト範囲の問題をすべて覚えてください。
そしてその勉強を日にちを空けて5回繰り返して
答えをすべて暗記してください。

1教科でいいので80点を超える結果が出れば
それがきっかけとなって自信につながり
テストで点を取る喜びや楽しさが分かります。
そして1年後には休みの日に1日8時間勉強が
できる人間になります。

今成績が低迷している生徒が3学期期末テストで
300点を超えるには好きな教科か好きになれそうな教科を
2教科決めてその教科で80点を取る勉強をしてください。
社会とか国語なら教科書ワークを5回繰り返して
完全に内容を覚える勉強をしてください。
残りの教科が50点なら50×3=250点です。
それに80点×2=160点で合計310点になります。

もちろん数学や英語はわからないと20点も取れない
教科になります。
数学が苦手という生徒はその原因が小学生の頃の
計算が苦手というところから来ています。
英語が苦手という生徒はその原因が国語の語い力がない
つまり単語の意味がわからないそしてその単語を文中の
どういう意味で使っているのかわからないのです。

この解決には半年から1年くらいかけて
基礎の基礎を徹底して練習する時間が必要です。

今回の期末テストではとにかく覚えれば点が取れる教科
社会とか国語とか理科とかで60点を目指す勉強をしてください。
その結果が良ければ自信につながります。
そして新しい学年で勉強に対する考えを改めて
教科書ワークを宿題の提出のためにやるのではなく
次の定期テストのために「覚える」勉強をしてください。
勉強は「わかった」だけでは点数が取れません。
点数を取るための「できる」勉強に変えてください。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理