2020年08月02日

高校受験勉強の最強反復勉強法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



受験勉強は学校の期末テストの勉強とは
まったく勉強のそのもの質が違います。
学校の期末テストの勉強は
テスト範囲も狭く短期に成果を出せる
一夜漬けのような勉強でも結果が出ます。
前日に憶えて翌日の試験に使う
というような「短期記憶」の能力で
試験をする事が出来ます。

高校受験の勉強は5教科の3年間の膨大な
内容を半年以上の勉強で覚えて
いつでもそれが再現出来るように
試験で「長期記憶」の能力を使う勉強が必要です。

勉強の内容をいつでも取り出せるように
「長期記憶」に残すには
憶える内容を何度も反復することが
とても大事な勉強になります。
高校受験勉強の最も効果的な反復法は
学校で購入する受験参考書を活用することです。
前橋市の中学校では中3の受験勉強に活用する
「整理と対策」「新研究」という参考書を
希望者に販売しています。
学校の推薦参考書ですからほとんどの
中3生は持っている参考書です。
しかし授業で活用するかと言えば
ほとんどが使われないまま1年が終わる
と言った状況になります。

この参考書の基礎問題と応用問題を
コピーして3回反復してください。
そして数学や理科などでわからない問題は
学校の先生に聞いて解決をしてください。
高校受験は誰でも勉強さえすれば
偏差値60くらいには半年で行けます。
それができないのは勉強を頑張って
テストで80点を取ろうという意欲も
勉強の基準も自分に甘すぎるのです。

サクセスでは中3生には余計な問題集や
参考書は使うことはせずに
学校で使う受験参考書を活用して
これを3回くり返し反復演習をします。
3回繰り返しとは1冊の参考書の問題を
3回コピーして問題を演習するということです。
そして5教科の3年分の学習内容を半年で
3回反復できた生徒はみな偏差値60に
到達しています。

特に夏休みは反復演習には絶好の時期ですので
8月に5教科の問題をすべて1回は反復を終えて
9月〜10月にもう2回繰り返しをします。

やってはいけない勉強とは1教科にたくさんの
問題集をやることです。
これでは1冊の問題集を1回終える事が出来ずに
長期記憶に残る知識も少なくなります。
長期記憶は反復演習のレベルに比例して
学力が上がりますので
受験勉強に使う参考書は1冊に絞って
それをいかに繰り返すかに意識を向けてください。



サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明





夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 家庭学習

2018年11月08日

読書能力の高い子ほど算数の成績が良い

群馬県前橋市富士見町と高崎市箕郷町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは
未来を生きる子供を育てる
親に向けて書いています


小学生の読書習慣が
算数の成績に影響する
というデータがあります。


もちろん文章題を解く能力は
文章読解力が必要で
読書習慣がある子どもの方が
成績が良くなるのは当たり前です。

しかし計算力も読書をしてることで
論理的思考力や答えを予想する力がつき
算数の基礎計算力にも影響します。


読書にはこの世の中を知る
知識が詰まっています。
そしてこの世の中をどう生きるかの
知恵が詰まっています。

社会の仕組みも
人とどう接するのかも
いじめがあったらどうすればいいのかも
学校って何だろうという答えも
人よりもお金を稼ぐ方法も
どうしたら偉くなれるのかの方法も

この世の中をつくっている
すべての法則がわかることが
本の中に詰まっています。

読書をすることで
学校で学ぶことも
学校では教えてくれないことも
みんな学ぶことができます。


今の子供たちは
勉強は先生に教えてもらうものだと
思っています。
しかし本当の勉強は
学校で学ぶものではなく
本から学ぶものです。

教わることしか知らない子どもは
不幸です。
それでは自分から熱中するもの
夢中になるものが見つかりません。

中学生になると何か冷めていて
しかし自分が何をしたらいいのか
夢を見つけられない生徒が大勢います。
それは学校の勉強がすべてで
その成績が優劣の評価になってしまうからです。

読書をたくさんすることで
興味を持つもの
やりたいこと
学んでみたいもの
が見つかります。

その分野の本を何冊も何冊も読むことで
まるで専門家のような知識を持ち
秀でた能力を身に付けるようになります。

それは自分への自信となり
その自信は他の教科へ影響を与え
算数が得意になったり
英語が使えるようになったり
学校の成績がトップクラスになったりします。


読書は知的活動の基本です。
もっと学びたい
もっと知りたい
という幼児の時に持っていた
知的好奇心を刺激して
才能豊かな人になります。


読書習慣は家庭で作る習慣です。
家庭でみなが読書をする時間を作る
テレビではなく本を読む
ゲームではなく本を読む
それが才能豊かな子供をつくります。


サクセスは
読書習慣をつくる家庭を応援します。
サクセス小学生コースは
算数と国語の基礎力を養成し
中学での学習活動の基礎を養います。
サクセス小学生コースに関するお問い合わせは
お気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サクセス
027-289-8377
堤俊明








夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 家庭学習

2018年10月11日

読書量と想像力と家庭学習の関係

群馬県前橋市富士見町と高崎市箕郷町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは
未来を生きる子供を育てる
親に向けて書いています。


小学生の指導をすると
家で勉強をするように
「宿題を出してください」
と言われることがあります。

家でする宿題とは
計算や漢字書き取りなど
作業的なもので時間をかけて
暇を作らないというものになります。

これは学習能力を高めるという
観点からはあまり勧められない
学習です。

家庭で行う知的学習として
一番効果的なのが
「読書」です。
読書と言うと小説や文学を
しっかり読むイメージがありますが
図鑑などを読むのも読書です。

家庭での学習時間のうち
学校の宿題を終えたら
1時間くらい本を読む時間を作り
その間はテレビを見ない
ゲームをしない
という時間にしてください。

そして本を読む習慣ができたら
本格的文学作品で
面白そうなものを読んでもいいです。


とにかく今の子供は本を読みません。
本を読まない子供の能力は
とても狭い範囲でしか活かせません。
子供は大人に向かう大事な時期に
知識や想像力と言った
知的活動をするための土台を
しっかり固める必要があります。
しかし読書量がまったくないと
知的活動のための土台が何もなく
これからの時代に必要な
創造的能力を身に付けることができません。


読書にかける時間は
小学生でも1時間くらい作りましょう。
週末などはしっかり時間をかけ
1週間で最低1冊は本を読み
1か月で4冊
夏休みや冬休みは少し多く読み
1年で50冊の本が読めれば
小学生のうちに知的活動の土台つくりが
しっかりできます。

東大に合格する子供は
小さい時から図鑑を読む習慣があり
中学になっても
勉強の傍ら
しっかり読書をする習慣が
あります。


本は学校の図書館に行けば
良書が借りられます。
また公立の図書館に行くことも
お勧めです。

そして本を読む活動は
親子で行うことが重要です。
今の子供は本を読まない
と言いましたが
それ以上に今の大人は本を読みません。

大人こそ仕事に知的活動を活かさないと
大きな変化の時代では
まったく役に立たない大人でしかありません。

親である大人こそ
1週間で1冊以上の本を読み
1月で5〜6冊
1年で60冊以上の本を読むことを
目標にしてください。

家庭で本を読む時間を作ると
テレビの時間やゲームの時間が減り
家庭が知的活動の基盤になります。


読書が増えれば
自然と想像力が身に付き
これからの時代の学習に対応する
能力を高めることもできます。

家庭の宿題は1週間で1冊読書をすること
それがサクセスの宿題になります。


サクセスは小学生から
創造力を育てる
ビジュアルシンキング学習を取り入れ
芸術的な才能を
学校の学習や受験に結びつける
指導を行っています。


サクセスビジュアルシンキング学習に関する
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 家庭学習