2022年10月07日

自己対話が人生の全てを決める

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



人間は1日に6万回も自分と対話している
という研究があります。
そしてその対話の内容は1週間まったく変わらない
ということもわかっています。

ということは勉強に自信があることない子の
自己対話の内容はまったく違うことがわかりますが
それが勉強に自信のある子の自己対話が
「次のテストは絶対に95点を取るぞ」で
自信のない子の自己対話が
「どうせ次のテストも30点しか取れない」
であったならこの自己対話を1日何回も回繰り返し
しかも1週間同じ内容なら、いったいテストに向けて
どんな行動をするのかがわかると思います。

勉強に自信のある子なら95点をとるために
どれだけ勉強すればいいか過去の経験を参考にしながら
自分の勉強の方法や勉強時間を決めて実行します。
自信のない子は35点取ればいいやという投げやりな
日常を送りますし、これまでの経験もどうしたら
勉強ができるようになるかわからないので
結局勉強に手をつけることなくテストの日を迎えます。
結果は行動に比例しますので勉強すれば点数が良くなるし
勉強しなければ点数は良くなりません。

勉強ができない子ができるようになるには
勉強をしても結果を変えることは難しいです。
それは勉強をする前提の自分との対話が
「どうせ勉強したってできるようにはならない」
という対話を1日6万回もしているからです。

勉強が出来ない子が勉強ができるようになるには
自分との対話を「次のテストで5点でいいから
絶対にできるようにしよう」という対話に変わることです。
そのためには自分の中にいる「客観的な自分」と
対話を始めることが必要です。

客観的な自分を見出すためには
自分を外側から見ている自分になる
というイメージトレーニングをしましょう。
今自分どんな服を着てどんな表情で何をしているのか
その姿を自分から離れて見るような
自己対話の練習をしてください。

そして自分と客観的な自分とで
「次のテストは5点でいいので絶対にできる問題を
間違わないようにしよう」という会話を繰り返してください。
それが自分の中にある意欲や意志に少しずつ火を付けて
勉強する努力を続けることができます。

1日6万回の自分との対話をどのような内容で
しているのかを意識することが自分を変える
きっかけになります。




サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 創造的思考法

2022年02月07日

合格目標を必ず達成する方法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



合格目標を必ず達成する方法とは
1 自分で目標設定する。
勉強はその勉強で何を達成するのかを決めないと
勉強する意味が見出せません。

マラソンの練習をするのに
〇〇マラソンに出場するとか次の大会で
〇〇分を切るというような目標設定をするから
苦しい練習にもやりがいが出ます。
勉強も毎日コツコツと勉強できるのは
自分が決めた目標に少しずつ近づいているから
勉強のペースが乱れないのです。

目標を設定してもそれが上手く行かないのは
自分が設定した目標でないことが
往々にしてあります。
実は多くの人が他人が設定した目標を目指している
ことがあるのです。
親が決めた目標
学校が決めた目標
このように他人に決められた目標は
自分に意志が反映されにくく
苦しくなるとどうしてこんなに苦しいのかと
苦しい理由を見つけられません。

しかし自分で決めた目標は
自分の過去の記憶と未来のイメージをフル活動して
自分にあった目標を作り出すので
苦しくなったときに自分の責任を感じて
その苦しさを乗り越えるモチベーションが生まれます。
だから自分の目標は自分で決めましょう。

2 小さな目標をクリアーしていく
「〇〇大学に合格する」という目標を決めても
今の自分の実力とそのギャップが大きすぎると
何から手を付けていけばわからないので
途方に暮れることがあります。

大きな目標を達成するためには
その間の小さな目標をつくり
それを一つ一つ乗り越えることで
結果として大きな目標を達成できます。

小さな目標とは
2ヶ月で数学TAを仕上げる
そのためには1章を1週間で仕上げる。
というような細かい目標を設定しそれを
乗り越えていきます。

大学受験のような大きな目標には
小さな目標の集大成が必要です。
大きな目標達成にはいかに小さな目標を
効果的に積み上げられるかにかかっている
と言えるのです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 創造的思考法

2021年06月03日

天才のような知的能力をどうやって手に入れるか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


現在放送中の「ドラゴン桜」で
発達障害の生徒が天才的な能力を発揮して
東大を目指すというストリーが展開されています。

天才的な能力は脳の機能の右脳に関わる
という脳科学の研究があります。
研究によれば創造性を得意とする右脳の力を
引き出させれば「知的創造」の質が大きく伸びる
ということが明らかになっています。

つまり右脳の能力を上手く使えば
発達障害の生徒に備わるある特殊な能力を
期待しなくてもだれでも今どんな状況にあろうと
自分は何がしたいのかどうありたいのかという
自分の望む人生の全体像が見えてきて
その実現に向けて行動をが取れるようになります。

右脳を活用する知的創造性を高める方法には
つぎの2つがあります。

1 視野を広げる
テストで緊張のあまり頭が真っ白になった
という経験を持つ人が大勢います。
この頭が真っ白になるという現象は
緊張によって視野が極端に狭くなった状態です。

視野が狭くなるとものを見る範囲が狭くなるのは
もちろんですが更に脳の記憶機能の可動範囲が
極端に狭くなり記憶障害に似た症状が出たり
計算力が鈍ったり問題文を違う解釈で考えたり。
日常とは異質で異常な思考状態に陥ります。

視野が広いという状態はリラックスした
脳が活発に動く状態です。
この時脳は右脳と左脳が協調して
問題解決法を考え出し
日常では考えられない才能が開花する
とても豊かな精神状態になります。

2 イメージを豊かにする
脳は想像したものと現実の区別がつかないと言います。
想像力はその姿が現実的になればなるほど
現実の生活に創造的な思考が生まれ
脳が想像したものが現実になる働きを助けます。

スポーツ選手や創造的な起業家が日夜
イメージトレーニングを行っていることは有名です。
イメージトレーニングはNASAで開発され
宇宙飛行士たちが実際に宇宙に行くときに
地上のシュミレーション装置であらゆる状況を想定して
訓練をくり返す練習に使われます。

そしてその効果を現実のビジネスに応用したのが
IT企業のマイクロソフトでありアップルです。
イメージトレーニングと自分自身が一体化した時
ITで世界を平和にするというビジョンが
WindowsやiPhoneという製品に形を変えたのです。

私たちは日常で脳の機能の2%しか使っていない
と言われています。
20世紀の大天才と言われたアインシュタインでさえ
脳の機能の3%使って「相対性理論」という
世界的な大発見を成し遂げたのです。

もしも自分の脳のわずか1/1000でも活用すれば
自分が望むもののほとんどは手にないるようになり
その人の人生は一変するでしょう。

その脳の機能の知的肖像力を高める方法が
「視野を広げる」と「イメージトレーニング」なのです。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 創造的思考法