2021年12月09日

学年中位のぬるま湯から抜け出るために

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



高校では2学期期末テストも終わり
成績が提示され
年末年始休みに入ります。

この中で「自分は学年中程度だから安心だ」
と思っている人がどれだけいるでしょうか。
学年中程度というのは200人いたら
100番前後の人を言います。

この良くも悪くもない状態というのは
ぬるま湯につかった状態で
やがてこのような状態が続くと下位に落ちていく
不安を伴った位置だということを理解してください。

人間は基本的にある位置にずっと留まることができません。
人は少しづつ上がっていくか落ちていくかの
どちらかの行動をとっています。
その位置に留まるためには努力が必要です。
人間は何もしなければ自然に落ちていきます。
これを「自由落下の法則」といい
まさに物理のエネルギーの法則に沿って生きているのです。

人間の世界は外側から絶えず何かしらの
刺激が与えられます。
ガラス瓶に小さな石と大きな石を入れて
蓋をしてそれを揺すると
大きな石は上に上がり
小さな石は下に落ちていきます。

そして中程にある石は石同士がこすれて
粒が小さくなり小さくなった石からどんどん下に
落ちていきます。

下に落ちるときに努力入りません。
何もしなければ楽に下に落ちていきます。
その場に留まるには努力が必要です。
そして上に登るには更に大きな努力が必要です。

学校の成績が中程度で安心していると
何もしないのと同じでどんどん下に落ちていきます。
気づいた時にはもう手遅れで
人生自体が下流生活を強いることになります。

学年中位のぬるま湯から脱するためには
目標を持たなくていはいけません。
目標は自分の位置を上に押し上げる
指針になります。

そして目標に向かって自分レベルを上げてください。
努力は自分の内面を強く大きくしてくれます。
内面が大きくなると自分のサイズが大きくなります。
すると不思議なことになにかの出来事が起こるたびに
まるでガラス瓶が揺すられて大きなサイズになったキミは
自然とガラス瓶の上の方に押しやられていきます。

自分の位置を上げるとは
上に向かって努力をして上昇するのではなく
自分の内面のサイズを大きくすることで
自然に上に向かって上昇を始めることです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 逆境を克服する

2021年07月21日

数学で定期テストが平均点以下の生徒の逆転勉強法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



高校の定期テストはたいていは教科書の練習問題や
4スッテプのような補助教材から出題されることが
多いです。
その試験で平均点を下回る点数を取る人は
高校内容について行けてません。
それは中学からの数学のどこかの時点で
大きな穴をあけたまま
高校生になっている可能性が大きいです。

その穴には次の3つがあって
そしてその穴を埋めるのに適した参考書は
次のようになっています。

Aタイプ 高校に入ってからつまづいた人。
高校入試の数学で80点以上を取った人は
高校に入って数学が分からなくなった人です。
この場合高校の基礎を学ぶ参考書を使い
夏休に数学TAを完成させる勉強をします。
高校数学の基礎を自学で学ぶ最適な参考書は
「これでわかる数学TA(文英堂)」です。
これを2か月で終える学習計画を立ててください。

Bタイプ 中学時代の数学からあやしい人
高校入試で60点前後の点数だった人は
中学数学のどこかに大きな穴をあけたまま
高校に入学した生徒です。

中学の数学は方程式や関数や図形の性質など
高校の基礎を学ぶ内容が多くあります。
ここに穴があると高校に入った途端
数学が分からなくなります。
このような人は夏休みに
「中学数学自由自在(受験研究社)」などで
中学内容をサクッと総復習してからタイプAの
勉強に入ってください。

Cタイプ 小学校の計算からあやしい人
小学校の計算問題が苦手だったと言う人は
四則演算や分数計算が苦手になっています。
高校の計算問題で計算ミスをする人や
人と比べて計算問題に時間がかかる人は
おそらく小学校時代の計算力不足が原因です。

このような生徒は思い切って小学校計算ドリルや
百マス計算を2週間くらい毎日練習して
百マス計算なら足し算が2分以内に終わるくらいの
スピードを手に入れましょう。
その上で「中学数学の自由自在」から
「これでわかる数学TA」まで5か月くらいかけて
数学の基礎計算力を身に付けてください。

小中学校まで戻る必要があるのか
と思いでしょうが
この復習をしっかりやり込むと
その後の高校内容を学習ペースが一気に上がります。
基礎をしっかりと固めないで高校内容をやり続けても
勉強ペースが上がらずテストの点数も上がりません。

数学は計算力の基礎の上に中学数学が上乗せされ
その上に高校数学が積み重なる学習です。
土台となる計算力や中学数学の基礎力がないと
その上に高校数学を積み重ねても決していい結果には
つながりません。
高1生や高2生は自分が数学に苦手意識を持っているのなら
思い切って小学数学や中学数学からやり直してください。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明



夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 逆境を克服する

2021年07月03日

勉強はやればできるのウソ

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



こんな生徒はいませんか
「今回の期末テストは絶対勉強して
いい成績を取ってやると思ったけど
いざ勉強が始まったら邪魔な用事や
家庭の跡片付けなどがあって勉強の時間が
取れなくて結局前のテストと変わらなかった」

これは暗に「自分はやらなかったからできなかった。
勉強をやれば必ずできたはずだ」
と自分には能力がないのではなく
勉強できなかったからテストができなかった。
と言い訳を言っているのです。

これをアドラー心理学で著名な
アルフレッド・アドラーは
「やればできる」という自尊心を保つための
逃げの心理だと言います。

人は勉強しないことで自分の能力の無さを
直視することを避ける場合があります。
この場合はわざと理由をつけて怠惰になり
自分の能力の無さをひたすら隠し続けるのです。

「やればできる」と言い続けるのは
自分の自尊心を保つ唯一の方法です。
人間にとって勉強をやらなかったから
テストで失敗したという理由は大した恥にはなりません。
それよりも本人が一番恐れているのは
それは「自分には能力がない」もっと言うと
「自分には価値がない」という秘密が
明らかになることなのです。


自分の能力の無さが明らかになることを
恐れて人は病気にも神経症にもなります。
運動が苦手な子どもが運動会の日の朝に
腹痛を起こして学校の休むことがあります。
それは決して仮病などではなくても
布団の中でどこか安堵する自分に気付くはずです。

「勉強はやればできる
今回はたまたまやらなかっただけ」と言って
勉強の課題から逃げ回っていると
やがて本当に勉強ができなくなって
「勉強はやればできる」というウソが
バレる時が必ずやってきます。
それは高校入試であり大学入試という
最悪な状況下で起きます。

高校や大学の入学試験は
「やらなかったからできなかった」
という言い訳が一切通用しません。
出来なかったは即能力がないと判断されるからです。

「勉強はやればできる」と言って逃げ回っている
中高生に言います。
「勉強はやればできる」というのなら
次のテストで必ず結果を出してください。
それが出来ないのなら
「自分は勉強ができない」というダメな自分を認めて
そのダメな自分からスタートをしてください。
出来る自分になるにはダメな自分からスタートしない限り
絶対に出来る自分にはなれないことを知ってください。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明





夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 逆境を克服する