2022年04月14日

初見の問題で高得点を取るための練習

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



多くの高校生にとって
大学受験勉強の大問題は初見の問題で
全く点数が取れないという問題です。
いつも使っている問題集やテキストでは
完璧に問題をこなせるのに
いざ模試等で初見の問題に出くわすと
途端に点数が取れなくなるというのが
受験勉強をすすめる高校生の問題点なのです。

初見の問題で点数が取れない高校生の心理は
初めて見る問題でどのように解いたらいいのか
まったく分からずに時間が来てしまう
という心理が働きます。

「この問題は今までやったことがない」
と思うと思考力や試行力が機能停止してしまい
過去に自分がやったことがある問題と
傾向が似ている問題をどのように解いたのか
パターンを見抜けなくなってしまいます。

初見の問題で高得点を取るには
初見の問題が初見でないような
どこかでやった問題だと言う馴染み感があると
不安なく問題が解けるようになります。

つまり初見の問題で高得点を取るには
問題を見た瞬間にこの問題は〇〇で解いた問題に
よく似ているからその解法を使ってみよう
という過去に解いた問題との類似点を
瞬時に見つけるための練習量を増やすことです。

この時過去問や模試の問題を解くときに
1回目は初見の問題のように得点が取れなくても
その問題を復習で何度も反復練習をして
完全に自分のものにしてしまうのです。

ほとんどの高校生は過去問や模試を解いても
復習は1回やればいいほうです。
つまり過去問や模試を解きっぱなしにして
全く次に活かすことが出来ないのです。

過去問や模試は最低でも3回は解いて
問題と解法を丸暗記してしまうくらいの
練習をしてください。
そして共通テスト過去問や模試の問題集を
すべて3回以上解き続ければ
ある程度の解法は完璧に覚えてしまいます。

そして初見の問題を見たときに
この問題はどこかでやった問題に似ている
という過去に解いた問題と類似性を見つければ
初見の問題も初見ではなくなります。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強法

2022年04月02日

受験勉強には演習と反復の2種類ある

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



受験勉強は量と質とどちらを優先するのか
という議論があります。
量とはまさに勉強する量を多くすることです。
例えば数学の問題集を3周回すために
1周目を1ヶ月で終えて2周めを同じく1ヶ月かけて
そして3周目はスピードを上げて2週間でこなす。
という勉強が量を目指す勉強になります。

では勉強の質とは何か
それは同じ数学の問題周を1週で完ぺきにこなす
というのが質ではありません。

勉強の質と量をスポーツに例えると分かりやすいです。
スポーツにおける量とは基礎体力トレーニングのような
練習を沢山こなすことで筋力や持久力を上げる
練習のことです。
そしてスポーツにおける質とは実戦を意識した
一発のタイムトライアルのような
試合形式での練習のことを指します。

勉強における量はスポーツの練習と同じです。
問題量を大量にこなして基礎体力をつける
反復練習のような勉強です。
そして勉強の質とは模試や入試本番を意識した
一発の問題演習ということになります。

この2つの種類の勉強を個々の実情に合わせた
勉強を組み合わせて学習計画を作るのが
受験勉強における個別指導になります。

Aくんは学校の成績がかなり良くて
各教科の基礎学力が高ければ
Aくんの学習計画は模試や入試本番を意識した
問題演習中心になります。
この場合は過去問などを解いて実戦力をつけるのが
一番の勉強になると思います。

一方Bくんは学校の成績もパットせずに
基礎学力もさほどないという状況でしたら
基礎練習をこなす問題集の反復練習が
Bくんの勉強の中心になります。
数学な苦手ということがわかったら
チャート式数学の白を2ヶ月で1周回して
特に出来ない部分をもう1周回すような
学習計画を進めます。

また勉強ができる生徒も苦手教科は
基礎問題集を反復練習して基礎学力をつける
勉強をすすめるなど
個々に勉強ができるか出来ないか
また苦手教科が複数あるか1〜2教科だけか
など生徒それぞれぞれの特質で
勉強の量を重視した学習計画にするか
勉強の質を重視した学習計画にするかが
決まるのです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強法

2022年03月30日

英語は文法よりも構文暗記

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学入試の英語学習は英単語の語彙力が
最も強化するべき点であることは間違いありません。
そして次に教科すべき点はと言うと「文法」
と答える人が多いですが実は文法は中学文法が
できていれば大学入試の英文はほぼ読めます。

共通テストや大学2次試験の英文が長文化して
英文読解力を強化できないという人の弱点は
英文法が弱いのではなく「構文」をどのように
和訳すればいいのかが分からない構文暗記力が
全く足りないのです。

構文暗記とは文の構造がどのように出来ているのか
一文の構造をパターンのようにまとめて覚えてしまう
勉強法です。
例えば代表的な文の構造が It を含む構文です。
It is easy to solve this problem.
(この問題を解決するのは簡単だ)
などこのような It is 〜 to(〜することは〜である)
という構文は英文中に多数出てきます。
また It is said that there is a ghost in the castle.
(この城には幽霊がいると言われている)
など It is said that 〜(〜だと言われている)
なども英文中によく出る構文の一つです。

また不定詞構文として
how to 〜(いかに〜するか) や
too 〜 to (あまりに〜なので〜できない)
seem to 〜 (〜のようだ)
などおなじみの不定詞構文はいくつかの例文ごと
まるまる暗記をしておくと長文読解中に出たときには
考えることなくそのまま和訳することが出来ます。

サクセスでは約70の英語構文を例題ごと
丸暗記する練習をしています。
70構文の丸暗記なら1ヶ月もあれば完璧に
覚えることが出来ます。

また構文の例題を英語から和訳するのとは逆に
日本語を英語構文を使って英作文にできる練習をすれば
英作文練習にもなります。
too 〜 to 構文なら
私は疲れていたのでそれ以上歩けなかった。
という日本語を
I was too tired to walk any more.
とこれも構文とその例を丸暗記そておけば
英作文にも応用できる英語力が身につきます。

英語は英単語を覚えて文法を覚えて
そして英文を読む練習を始めるという順序で
英語学習を進めますが構文をまるまる覚える
という練習はあまり機会がありません。
しかし構文をしっかりと覚えることで
長文読解力と英作文力が同時に身につく練習が
出来ます。
そのためにも手を使って英文を何度も書いて覚える
手書き勉強は欠かせない勉強になります。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強法