2021年02月22日

親は子供の成績で気分を上下させてはいけない

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


現在は中学生の期末テスト期間です。
テストが終わると3学期の成績が渡されます。
学校の定期テストが終わるといつもの光景が
始まるのですが
それが子供の成績表を見た親が結果の悪さにあきれて
親が不機嫌になったり子供に説教をしたリ
子供のテストの成績に一喜一憂して気分の
上下をくり返します。

子供の成績が良ければ親は安心し
子供の成績が悪ければ烈火のごとく怒る
このような未熟な親では子供は親の顔色だけをうかがい
しかしその成績は一向に良くなることはありません。
子供は親と接点を持つことで自分の生存を確認しています。
子供が勉強を頑張って成績を上げても
親は自分が安心しても子供に精一杯の称賛を与えないと
子供は成績を上げても親があまり接してくれないという
不満を持ちます。

しかし未熟な親は子供が悪い成績を持ってくると
烈火のごとく怒り子供に説教や小言を言います。
これは子どもにとっては親が自分に関心を持っている
と思う逆の接点になります。
未熟な親は良い成績を持ってくる子供に
どう接したらいいかわからないのです。
だからどこかに欠点を見つけてそれを攻撃することで
親も子供との接点を持つのです。


親の行いが子供の才能を大きく伸ばした例として
よく話されるのが手塚治虫と母親の話です。
手塚治虫がまだ小学生の頃
学校で勉強など全くしないで絵ばかり描いていた
治虫少年に学校の担任が困り果てて
母親を学校に呼びつけて母親に説教をしてもらうように
話をしました。

家に帰った母親は治虫少年にどんな絵を描いているのか
絵を見せてもらうとあまりの絵のうまさに
「お母さんはあなたの絵のファン第一号になります」
と言ったのです。
これが天才漫画家手塚治虫誕生の瞬間だったと
のちに手塚治虫自身が言っています。

子供はどんな成績を取ってきても
親に何かの称賛を言ってほしいのです。
ところが成績が良ければほめて(当たり前です)
成績が悪ければ怒られる(成績で態度が変わる)
これでは子供は精神的に追い詰められていきます。

子供の成績が悪い時こそ親はどのような
態度取ればいいのか考えてください。
決して感情に任せて怒りを爆発させてはいけません。
それこそ親の未熟さが子供に移ってしまい
親の未熟さを受け継ぐ未熟な人間になってしまいます。

親子は一対の反射鏡と言われます。
親の生き方や考え方がそのまま
子供の人生に反映されます。
子供が怒ってばかりいるのなら
それはやはり親が起こってばかりいるから
子供に移るのです。
子供が勉強を避けているのなら
それは親が子供が勉強を避けるように
接しているのかもしれません。
親子は一対の反射鏡なのです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 家庭と言う教育の場

2020年10月24日

子供をダメにする親の言葉ベスト3

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



子供の成長段階では14歳くらいまでは
脳の前頭葉が未発達で
自分で何かを判断することができません。
そこでまわりの大人特に親から言われることを
そのまま受け入れる傾向があります。
親の言葉は脳の深い深層心理に届き
自分は何者なのかどれくらいの事が出来るのか
という人生を決めるプログラムが出来上がります。

親の言葉は子供の一生を左右する
とても重い言葉になるという意識持つべきです。
子供は親とのコミュニケーションをとる時
親の言う言葉をほとんど受け入れてしまうので
本来子供の持っている才能を開花させる種を
奪ってしまうこともありうるのです。

言葉にはなぜその言葉を言うのかの前提があります。
親が子供に「あなたのために言っている」
という時それは子供のためではなく
親が自分を守る時に言うことが多いです。
こんな分り易い例ではなくもっと複雑で
一見子供のために言っていそうで
実は子供をダメにする言葉があります。

特に親が子供に言ってはいけない
子供をダメにする言葉ベスト3を上げますので
親は普段何気なく使っているか改めて
自分の日常使っている言葉を意識してみてください。

1 やればできる
親のよく言う言葉の代表が
この「やればできる」という言葉です。
この言葉は一見応援するための言葉と思いますが
しかしこの言葉を言う親の前提が
「お前はできない子だね」という意味が
隠されています。
子供は「できる」という意味よりも
今はできないダメな子供という前提を
鵜呑みにして深層心理に「自分はできない子」
というプログラムを作り出します。

「この子はやればできる子」という親の言葉に
奮起をする子供は一人もいません。
「やればできる」は「やっても出来ない」という
親のウソが見え隠れしてしまうのです。


2 もっとがんばれ
この言葉の前提は「親が子供の努力を認めない」
という前提です。
この言葉をかけられる子供はどんなに努力しても
決して認めてもらえないという虚無感に陥ります。
子供が勉強でもスポーツでも頑張る前提は
自分が頑張ったその努力を親が認めることです。
自分の努力を認められた子供は更に努力をして
大人に認めてもらおうと成長をします。
いくらやっても周りから何も声をかけてもらえない
空しさはやがて生きる気力さえ失う結果になるのです。


3 そんなことないです
まわりの大人が子供の努力の結果を認めた時
親が謙遜をして「そんなことないです」と言うと
子供は自分の深層心理に
「やっぱり自分はできないんだ」という
プログラムを作ります。
親の謙遜は否定と同じです。
親が子供の努力に「そんなことはないです」
と謙遜していると子供は
「自分は本当はできない」というネガティブな
深層心理を持ってしまいます。
やがてその深層心理は結果に対しても影響を与え
本当にできない子供になっていきます。


この3つの子供をダメにする言葉は
その前提として親が子供を信用していない
もっと言えば親が子供を愛していないと言えます。
そして親が子供を愛せない最大の原因は
親が自分自身を愛していない事実があります。

自分を愛していない人は人を信用できません。
尊重あるいは尊敬を英語でリスペクト(respect)
と言います。
自分を尊重できない人は自分をいい加減に扱い
自分を大事にしません。
ジャンクフードを食べて生活習慣を見直さず
自分勝手な生き方をしている人にとって
人をリスペクト(尊重)するなんて考えられません。
ましてや子供をリスペクトするなどありえないでしょう。
そのような破壊的な人生観が子供の人生に
どれだけのダメージを与えるのか考えてください。

親は子供の人生をより豊かにするため
子供をダメにする言葉をやめること
そしてそのためには親自身が自分を愛し
自分の人生をリスペクト出来る人生にしてください。

親はまず自分自身に「私大したものだ」と
自分をリスペクトしてください。
それは「うちの子大したものだ」につながり
大したことをする子供に大変身します。



サクセスでは高2生の大学受験相談を無料で行っています。
目標大学にどうすれば合格できるか
その学習計画はどう作ればいいのか等の
進路相談会です。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明




夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 家庭と言う教育の場

2020年10月23日

砂糖はコカインと同じくらい怖い

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


アメリカに「砂糖からコカインまで」
という書籍があります。
ADHD(注意欠陥多動症候群)を研究している学者が
ADHDの原因は生まれ持った発達障害ではなく
幼児のうちから砂糖(特に人工甘味料)の摂取過多が
脳の発達に影響を与えて脳内物質のセロトニンを多く
分泌させて「ハイ」な状態を作り出すことが原因だと
研究結果を発表しました。

ADHDは発達障害の一部とされて
薬の処方が行われたりADHDの専門家が生まれたり
さまざまな医療的手当てが行われていますが
それが幼児期の砂糖の取りすぎが原因だという
研究が発表されて発達障害ではないという
結果になるとこれまでの医学的手当てが
全て無駄になる恐れから
この研究結果は日本ではあまり大きく報道される
ことはありませんでした。

砂糖特に人工甘味料の多量摂取は
脳のセロトニン分泌量を一時的に
異常な数値になる程多く排出します。
その影響は血糖値の急激な上昇と下降を
繰り返したりして身体への負担は異常なほど
強まります。

その結果ハイな気分が極端に高まり
自分を抑える事ができず駆け回ったり
そのハイな気分の後には必ずウツな気分が
訪れて塞ぎ込んだり引きこもったりして
ハイとウツの気分の差が激しくなります。
この状態で集中して勉強しなさいと言われても
できるわけがありませんし
数学の計算式を解きなさいと言われても
論理的思考力が落ちていますので
計算ができない状態になります。

そもそも人工甘味料は脳の機能を麻痺させる
神経毒が原料でできています。
神経毒を薄めて作ったのが人工甘味料なのです。
神経毒は神経細胞を麻痺させて
一時的に人間の感覚機能を麻痺させる毒です。
人工甘味料を取ると味覚の機能が麻痺して
とても甘いと感じるのです。
そしてそのあと辛いものを感じなくなったり
痛ささえ感じなくなる麻酔の効果があります。

人工甘味料を摂取した結果脳の機能が麻痺して
注意欠陥多動の症状が出たり
逆にウツ状態になりふさぎこんだり
気分の抑制が効かなくなります。


子供のうちから砂糖の過剰摂取は
子供の人生に長期にわたる
最悪な結果をもたらす影響を残します。
今私たちの周りにはスナック菓子や
甘いお菓子や清凉飲料水が溢れています。
スナック菓子や甘いお菓子や清凉飲料水を
子供に過剰に与えるのは子供の一生に
どれだけ悪い影響があるのか
それを理解するのは親の責務です。

子供に人工甘味料を与えすぎる親は
親自身が人工甘味料に溺れた依存症に
なっている事が多いです。

親自身が人工甘味料依存になっているので
子供にも平気で与えてしまうのです。
親がたかが砂糖と思わずに
自分と子供が口にする食べ物に
興味と関心と知識を持って
食べ物の管理をするのは
親にしかできないことと
理解してください。
砂糖はコカインと同じくらい危険で
依存性の高い薬物なのです。




サクセスでは高2生の大学受験相談を無料で行っています。
目標大学にどうすれば合格できるか
その学習計画はどう作ればいいのか等の
進路相談会です。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 家庭と言う教育の場