2024年07月16日

勉強崩壊の危機に無反応になる理由

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



勉強崩壊という危機にギリギリまで手を打たないで
短期間で勉強を立て直す道があるとばかりに
来年の入試までもう半年になろうというこの時期に
塾探しをする親がいます。

なぜ子供が勉強崩壊の事態に追い込まれているのに
または子供も「このままじゃヤバい」と思いながらも
こんなギリギリまで何せずに危機回避の手立てを先延ばし
してきたのか
危機回避に抵抗する人間の心理に次のようなものがあります。

1 そんなに危機だとは思わない
危機に遭遇して九死に一生を得た人の話でもっとも多いのが
「そんなに危機だとは思わなかった」というのがあります。
勉強崩壊している子供を見てあるいは子ども自身が
成績が危機的状況にあるのを見て「ヤバい」と思っても
危機回避の行動をしないのは「周りをみて大した事ない」
と思う心理があるかです。

勉強崩壊している子供の周りには同じような勉強崩壊している
同じレベルの子供が集まります。
集団心理としてその集団に属するとその集団を脱する行為は
周りの友だちからの同調圧力に屈する心理が働くのです。

2 この問題の解決には途方もない努力が必要で面倒くさい
勉強崩壊が招く結果は考えるだけで恐ろしい末路が待っている。
このような危機的な状況を脱するには
どれだけの辛い努力が待っているか考えただけで恐ろしい。
その辛さや恐怖に耐えることなど出来ないから
「これまで通り」でいいという心理が働くのです。

これまで何もしてこなかったツケがあまりにも大きくて
考えただけで結果を受け入れる勇気がない。
だから「このまで通り」で何一つ変わらない毎日を
送ったほうが辛くないのです。
しかしその選択は確実に最悪な結果を招きます。
まるで1キロ先にあるナイアガラの滝に向かって
のんびりボートに揺られる親子のようなものです。

3 今から何をやっても無駄
「今までいろいろやってきたけど何もかも
まったく上手く行かなかった」
「もう改善の手は尽くしたけどもう遅すぎる」
このような考えは新たな手を打つタイミングも
新たな目的を見つけだす意味も何もかも難しくなります。
そう考えると「これまで通り」と今後の手を打つことを
放棄して見るに耐えない結果を受け入れるしかない
という心境になるのもわかります。

しかし本当に何も手を打つ手立てを失ったのでしょうか。
まやかしの楽天主義の末路に待つ考えも及ばない結果を
受け入れる覚悟があるのなら
その覚悟を新たな未来に向けてた覚悟に方向転換したら
実はこれまで見たこともない方法と結果が待ってる
ということがわかります。

次回から勉強崩壊から立ち直り結果を出す勉強の
本当のやり方をお話します。






サクセスの国立大学理系学部完全個別指導の
お問い合わせや体験指導の申し込みなどは
お気軽にウエブのお問い合わせページや
堤宛メールアドレスからお寄せください。

http://yumesuc/com/
success.tsutsumi@gmail.com




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生を変える

2024年07月15日

なぜ勉強崩壊という危機に反応しないのか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



中学生は来年の公立高校入試まであと8ヶ月です。
高校生は来年の共通テストまであと7ヶ月です。
ここまで切羽詰まってこの夏休みから受験勉強の
指導で問い合わせが来ます。

これから受験勉強を始めるので指導を受けたい
学校の進路指導で行ける高校(大学)がないと言われて
これからでも行ける高校(大学)に行く勉強がしたい。
などまるで勉強は短期間でどうにかなるとでも言うように
短期間での成績アップを求めてきます。
本音を言わせてもらえば勉強を短期間で上げる
特効薬も魔法も存在しないというのが現実の話です。

受験勉強は積み重ねの勉強です。
これまでの3年間の勉強を総復習して出来るところと
出来ないところを明確にして出来ないところを強化する
勉強をしなければいけません。
その出来ないところが3年間のほとんどだと
もう手の尽くしようがありません。
率直なところなぜこの時期までほっておいたのか
もっと早く手を打っていれば結果は大きく変わった
と思う人が大勢います。

ここでなぜ人間は危機に反応しないのか
という研究に着目します。
危機に対する反応は私たちだれでもが持っている
生き残るための危機回避の生存本能です。
親が子供の勉強が上手く行かずに勉強崩壊を起こしている
というのも親ならば直感で感じる生存本能です。
もちろん子供本人もこのままではマズイと絶対に危機意識を
感じているはずです。

しかしそれでも危機回避の手を打たずにズルズルと
手遅れになるまで放ておくのにはある理由があります。
それが「集団心理」という怖い心理作用です。

ある実験で潜在的な危機意識に人間の取る反応に
影響を与える要因を調べました。
この実験ではまず一人の被験者に部屋に入ってもらい
質問票に答えてもらいます。
そして回答を記入しているときに
部屋に突然煙が充満し始めます。
すると被験者は危険を察して部屋から脱出しました。

つぎに数人の被験者に同じ実験を行いました。
すると部屋に煙が充満し始めても数人の被験者は
周りの人がどう反応するかを伺い
部屋から脱出する人がいないのです。
やがて煙で周りが見えなくなり実験は中止され
被験者は命からがら助け出されたのです。

私たちは集団の中では「これまで通り」の生活を続け
危機に対する積極的な反応が遮断される心理が働くのです。
なぜこのように勉強崩壊に気づきながらも放置し続けるのか。
それを防ぐにはどうすればいいのか
心で感じる「どうにかしなければいけない」と
「いや今のままでいいや」という抵抗や放置の心理が
なぜ起きるのかを次回話します。






サクセスの国立大学理系学部完全個別指導の
お問い合わせや体験指導の申し込みなどは
お気軽にウエブのお問い合わせページや
堤宛メールアドレスからお寄せください。

http://yumesuc/com/
success.tsutsumi@gmail.com




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生を変える

2024年07月06日

一流をつくる法則

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



明治大学文学部教授の斎藤孝氏の著書の中に
「一流をつくる法則」があります。
10年以上前の本ですが現代にも通じる新たな
「才能開発論」の点でとても役立つ内容が書かれています。

まずこの本はマンガを題材とした白土三平氏の「カムイ伝」
の話から始まります。
この本の第一講の題は「猿飛佐助は個性を超える」です。
これは豊臣から徳川時代に時代が大きく変わる時に
真田忍者と柳生忍者との戦いの話なのですが
猿飛佐助という真田忍者が徳川方の柳生忍者と戦い
猿飛佐助は柳生忍者に殺されてもまた現れるという
不思議な現象が起こります。
実は猿飛佐助は個人名ではなく猿飛の術を鍛錬によって
身につけた者はみな猿飛佐助と呼ばれる
猿飛という忍術を使う者の集団名だったのです。

天才は突然変異のように世界に出現します。
天才は偶然的に才能が突出するのを
待っていなくてはなりません。
しかし高度な技術を与えられる組織によって
鍛え上げられた個人はその教育プログラムによって
高度な能力を持った才能ある人材になれます。

真田忍術の組織から猿飛佐助がトレーニングによって
生まれるのなら組織を超えた再現性のある能力や高い人材は
そのトレーニングを経てある高度な技術や技を会得できれば
集団を超えた個性を持った能力として活躍ができます。

斎藤氏は幕末期の吉田松陰の松下村塾から
高杉晋作・伊藤博文・山縣有朋らが排出したことや
緒方洪庵の適塾から福沢諭吉や大村益次郎らが排出したことを
「どちらも若者たちを鍛え上げる溶鉱炉の役割をはたした」
と言っています。
「才能の集団的出現は偶然ではない」のです。

同じく「一流をつくる法則」の中で
「影武者と猿飛の違い」についても書かれています。
影武者は「基本技」ではなく「マネ」であり
本質はまったく異質なものです。
一方で猿飛は基本技を取得することがアイデンティティ
になります。

影武者はただのマネであり本物との実力差は
歴然としています。
マネは殺されても本物には影響はないが
本物が殺されればその組織自体が崩壊します。
猿飛は技の総称あるいはトレーニングの愛称であり
猿飛を名乗るものはだれでもほぼ同じ能力を持った
集団としても個人としても機能します。

猿飛の術を創り出すトレーニングを斎藤氏は
「錬活」とよんでいます。
「錬活」はマニュアルやテクニックとは異なり
血の出るような修練を重ねて得られる体術であると
結論されます。
錬活はまさに基本練習の反復トレーニングであり
あらゆる状態に即応できる体力気力を練習によって
身につける基本中の基本なのです。

この錬活が他の練習やマニュアルやテクニックと
違うところは徹底的な反復練習によって身体に技を
覚え込ませることが基本になっていることです。
そう簡単にはその技はマニュアルやテクニックでは
マネできない練習集団になっているます。
このような訓練によって得られる「暗黙知」「身体知」は
言語化するのが難しく
個々に集団トレーニングを積んで出来上がる才能は
他に秀でるマネのできない異彩を放つものになります。

才能とは突然変異によって生まれるものではなく
または楽な方法で促成的に出来るものでもありません。
それは鍛錬をくり返し行える場である組織に所属することで
体得できるものなのです。
サクセスは受験勉強という勉強の根本を鍛えるために
マニュアルやテクニックに頼ることなく
反復練習を主とした勉強の基本を徹底して鍛え上げる
組織であろうと確信をしています。



サクセスの国立大学理系学部完全個別指導の
お問い合わせや体験指導の申し込みなどは
お気軽にウエブのお問い合わせページや
堤宛メールアドレスからお寄せください。

http://yumesuc/com/
success.tsutsumi@gmail.com




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生を変える