2024年02月07日

人生で最悪なことは挑戦しないことです

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



「勉強で負けませんでした。
勉強しなかったらからです。
人間関係で失敗しませんでした。
人の輪に入らなかったからです。
彼の人生は完全でそして最悪でした」

失敗や敗北を避けるための一番確実な方法は
「挑戦しないこと」です。

大学受験で失敗しない一番確かな方法は受験しないことです。
学校の定期テストでライバルに負けない一番確かな方法は
勉強しないことです。
勉強しなければ結果が悪くても「勉強しなかったから」
という言い訳が言えます。
つまりどんなに結果が悪くても自分は傷つかないという
精神的に逃げる心理が働くのです。

しかし勉強しなくて結果が悪いのも
勉強して結果が悪いのも結果が悪いという点では同じです。
他人から見たら勉強していようが勉強していなかろうが
結果が悪いのは同じことです。
しかも勉強しなければ結果が良くなることは絶対にありません。
一方で勉強すれば結果が良くなる可能性がでてきます。
まさに人生で最悪なことは挑戦しないで言い訳を言っている
ことなのです。

人間関係で嫌われない一番確かな方法は人と話をしないことです。
人の輪に入らなければ傷つくことはありません。
人間関係で傷つくことに比べれば一人でいる寂しさの方がマシだ
と判断してそのようにしているのです。

しかし人は人の中でしか幸福を感じることは出来ません。
だれ一人いない無人島で豪華な家に住んでも幸福は感じません。
人間関係は確かにそこから軋轢や衝突も起きます。
しかし人間関係しか人の幸福感を感じる事ができないのです。
軋轢や衝突を避けて人間関係を作らないのは
自分勝手で最悪な行為でしかありません。

勉強の課題や人間関係の課題など人生は課題の連続です。
その課題から逃げていては幸福な人生はやって来ません。
その課題に勇気を持って挑戦して克服することではじめて
幸福は訪れます。
そしてその課題を克服するために必要なのは困難を乗り越える
「勇気」と「貢献感」です。
勇気を持って勉強してその成果を誰かのために役立てるのです。
勇気を持って人と話して誰かの笑顔の役に立つのです。
その勇気と貢献感さえあればあらゆる課題は必ず解決します。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ

2023年12月17日

起きた出来後の意味付け次第で人生が変わる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



人生に失敗はつきものです。
大きな成功の前には大きな失敗が必ず訪れます。
その失敗をどのように乗り越えるかがその後の人生の変化を
もたらすのです。

高校生の中にも自分の大学受験に不安や心配を感じる人がいます。
そして不安や心配はテストや模試で結果に影響を与えます。
「うまくいきそうもない」と何となくテストの結果がうまくいかなそうだと
悪いことを考えているとその予想は見事に的中することになります。
そいう未来予想が見事的中するとさらに自分の運の無さや実力の無さに
恐怖心が芽生えて勉強そのものが手につかない状況になります。

これは「結果をどのように意味づけするか」という
リフレーミング(出来事の意味付けを変える)で結果自体を
大きく変える事ができるのです。
今回は「意味付けを変えることで人生がどのように変わるのか」を
考えてみたいと思います。

アメリカにある有名な女性シンガーがいました。
この女性シンガーはとても人気があって世界中で曲がヒットしました。
しかしなぜか少しずつステージに姿を見せなくなって
ある時を境に二度と人前に姿を見せなくなりました。
彼女はかなりの「ステージ恐怖症」だったのです。
大きなステージに出ようとすると心臓がドキドキして震えが止まらなくなり
身体は硬直して頭の中が真っ白になります。
この不安性は徐々に大きくなって「もうこんな苦しい状況は耐えられない」
「ステージに出る自身がない」と音楽活動から身を引くことを決めたのでした。

一方であるロック歌手はステージで神がかった演出をして話題になりました。
ロック歌手は後にステージを前にしてなぜこんなパフォーマンスができるのか
神がかった姿になる状況を話をしました。
「オレはステージを前にすると心臓がドキドキして震えが止まらなくなり
身体は硬直して頭の中が真っ白になるんだ」
「そして神が降りてくるんですよ。イケー!ってね」

女性シンガーとロック歌手の起きている出来事は同じです。
しかし一方はステージ恐怖症と診断されて
一方は神が降りてくるパフォーマンスになりました。

これは起きる出来語をどのように意味づけするかの違いです。
一方はステージ恐怖症と意味づけしてチャンスを逃してしまい
もう一方は神が降りてきたと意味づけして大きなチャンスを手にしました。
大きなステージって高校生にとっての模試の前や試験本番前と同じです。
このような緊張舌出来事の前には不安や心配や恐怖に心が震える思いです。
その時動のように意味づけすればいいのでしょうか。

「ドキドキしてきた。やばいもうだめだ」
「頭が真っ白になりそうだ。不安でいっぱいで何も思い出せそうにない」
と思うか。
「ドキドキしてきた。キター! 最高の時がやってきたぞ」
「イエイ! 神が降りてきた。最高の瞬間が訪れるぞ」
と思うか。
意味付けを変えて不安や心配や恐れの感情をプラスに好転させることが
できれば今まで自分の中にありながら発揮できなかった無限の能力を
発揮出来る瞬間が訪れるかもしれません。
起こる出来事の意味づけ次第で人生は大きく変わるのです。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ

2023年11月16日

勉強という苦難をどう乗り越えるか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。




第二次世界大戦禍のドイツでユダヤ人の大虐殺が行われた
事実は様々な歴史書から明らかです。
そしてユダヤ人を収容した施設でも言葉にするのも恐ろしい
悲惨な出来事が繰り広げられました。
その中であるユダヤ人の精神科医が家族とも閉じ込められ
妻は毒ガスの餌食になり本人も収容所の悲惨な環境に
毎日同じ仲間が毒ガスで殺され、また精神に異常をきたし
高圧電流が通る鉄条網に自ら身を投げて自殺をする人が
多発する日常の中で、ある一部の人たちと供に生きる希望を持ち
苦痛や生き恥をさらしながらも戦争終結と同時に
生きて地獄の収容所を出たのです。

彼の名前は「ビクトール・フランクル」と言います。
彼は精神科医の立場からユダヤ人収容所の地獄の日々を克明に記録して
戦後「夜と霧」という回顧録を出版しました。
そして死と隣り合わせの過酷な日常でも希望を失わずに生きて
収容所を出た人とその過酷さに耐えられずに自ら鉄条網に飛び込んだ人の
その違いを生きる意味として解説をしています。

あまりにも環境的にも与えられた条件的にも全く違えど
収容所の生活と受験勉強というある意味過酷な日常を送る
高校生との共通点を「夜と霧」の中から探し出し
受験勉強という過酷な状況の中にいかに希望を見出すかを
論じようと思います。

ユダヤ人が収容された施設で戦争を生き伸びて
施設を出た人と死神に取り憑かれて死んだ人の
その精神的な差というのは「生きて外に出たいという
確固たる理由があるかどうか」でした。

ある人は故郷に置いてきた妻と子供ともう一度
幸せな生活を取り戻したいと切に思っていました。
ある人は大きな線造物の設計を途中で投げ出して
収容所に入れられてので設計を一から作り直したい
と思っていました。
そしてフランクル自身もやり残している研究論文を
とにかく仕上げたいことと
もう一つ新たな研究対象としてこの地獄のような出来事の
本質を社会に公表したいという欲求が日に日に高まっていきました。

このように人間には何かをやり残してその完成を
何が何でも成し遂げたいという意志があれば
どんな過酷な仕打ちを受けても辱めを受けても
何が何でも生きて外に出たいという気持ちが強くなるのです。
一方で生きる意味ややり残した仕事や絶対に会いたい家族が
なければ少しの環境の激変に耐えられずに生きる望みを
簡単に捨て去ることもできるのです。

大学受験勉強もある意味過酷な日常を送る日々の毎日です。
その過酷さに耐えて淡々と勉強を積み重ねられるためには
「なぜこの勉強が必要なのか」
「受験勉強の先には何が待っているのか」
「何が何でも勉強をやり進める目的はなにか」
といった生きる意味を見出す理由が必要なのです。
自分にとって何が何でもやり終える確固たる理由があれば
どんな過酷な日常でも耐えて合格の日を迎えることができるのです。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ