2022年11月30日

何をやってもうまく行かないときの対処法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



何をやってもうまく行かない時があります。
宿題をやろうと少しの休憩を取ったら朝になっていた。
遅刻しそうで自転車に乗ったらパンクしていた。
テスト中に全部やり終えたと思ったら裏にも問題があった。
マーク模試でマークミスをしてほとんど✗だった。
など何をやってもタイミングが悪いというか。
うまく噛み合わないというか。
ことごとくはずれるというか。
いかにも「ズレてる」と感じるときがあります。

それは現実が悪いのではなく
現実を映し出す心が乱れているのです。
「思考のズレ」が「現実のズレ」として実現しているのです。
それは自転車に片方だけ思い荷物を持って
バランスが崩れているような。
片足にクツを履き片足に下駄を履いてい歩いているような。
自分の軸がズレている感覚になります。

そんなときはどうするか。
自分の判断している基準がズレている時には
強引にものごとを続けないことです。
少し休んで一息ついてズレを直すことが大事です。
心の平安を取り戻して正しく現実を見られる
余裕や安心感を取り戻すことで
間違った見方が訂正されて自分を取り戻すことが
出来ます。

のどが渇いている時点ではすでに脱水状態といいます。
心の均衡がズレてしまってから直すのは大変です。
喉が渇く前に水分を取るというように
心の均衡がズレる前にリフレッシュしましょう。

睡眠を多く摂ることも心のズレを修復する役目があります。
そのときには焦りや不安や絶望などのネガティブな気持ちは
全部シャットアウトして何も考えずにあるいは楽しいことを
考えながら眠りにつきましょう。

心がズレている時の脳波はβ(ベータ)波に支配されています。
β波は緊張や不安や絶望の感覚を引き起こす脳波です。
このときは記憶力も衰えて計算力も弱くなります。

リラックス脳波はα(アルファ)波です。
α波は脳の潜在能力が動き出す脳波と言われます。
記憶力も計算力も高い能力が発揮されます。
睡眠はα波の効果が高くなるときです。
まどろみの中で突然わからなかった問題の解答が分かったり
大発明につながる大きなヒントが降って湧いたりするのは
α波のときなのです。

そして昼間起きている時に脳波をα波にする方法があります。
それが「祈り」です。
神社やお寺に行き心身を無にして祈りを捧げる時に
脳波はまどろみと同じα波になります。
それにはお願いをしたり欲をはるのではなく
ただ手を合わせて無の状態で今ここにいる幸せを感じて
神様や仏様に感謝するのです。
神や仏につながる心地よさを習慣化すると
手を合わせて祈るだけで脳波がα波になる事がわかっています。
心を清らかに無になる時間を増やして
心のズレを解消してください。




サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ

2022年11月28日

幸運とは自ら引き寄せるもの

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。




前回のブログで人は人間のサイズを大きくすると
社会の中で自然に上に登っていき
何もしないと人間のサイズはどんどん小さくなり
社会の中で自然に下に落ちていく。
という話をしました。


社会という大きな入れ物はいつも揺れ続けています。
この「揺れる」という行為は「災難」とも捉えられます。
何もしなくて人間のサイズが小さくなると
社会の中で揺すられて下に落ちるという経験をします。
これは災難にあって不運を経験することになります。

しかし努力をして人間のサイズを大きくすると
社会の中で揺すられて上に上がるという経験をします。
これは災難にあっても幸運を感じるということになります。

同じ災難が不運にもなり幸運にもなる。
つまり運を左右するのはどんな災難に会うかではなく
揺すられる側の人間のサイズの問題だと言うことがわかります。

実例を話します。
ある若い未熟な女性が会社勤めをはじめました。
あまりにも未熟なので一番下の仕事を与えられました。
まわりのベテラン社員は散々からかってバカにしました。

その女性は最初は失敗ばかりで余裕がありませんでした。
しかし仕事の内容を理解して徐々に失敗をしなくなりました。
女性は「これでおしまい」ということをせずに
自分が与えられた仕事を終えると他に出来ることはないか
人に言われるわけではなく仕事をこなしました。

他の社員は自分に与えられた仕事を終えると
「これでおしまい」でそれ以上他に仕事を
探すこともなく仕事中の時間を無駄にしていました。

数ヶ月もすると未熟な女性は会社で一番の
有能な社員になりました。
自分のサイズを大きくすると揺すられる社会の中で
自然に上に登っていきます。
そして今はこの会社のマネージャーになり
次期社長候補として他の社員の監督をしています。

幸運とは運が舞い込んでくることではありません。
自分のサイズを大きくすることで
どんな災難もどんな困難も幸運として自分に引き寄せる
上に登るエネルギーに変えることなのです。




サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ

2022年11月23日

目標達成スキルは日常のマメさから

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学入試に向けて志望大学を決めて
合格するための勉強時間の計画を立ててそれを実行できれば
大学入試は誰でも合格をすることは間違いありません。
大学に合格できないのはそのうちの一つでも欠けているからです。

大学入試合格に必要なことは
○志望大学を決める。
○その大学に合格する勉強の計画を立てる。
○計画に沿って勉強する。
この3つです。

ではこの3つことが続かない根本的な理由はただひとつです。
それは行動力がないことだけです。

行動力をつけるのは日常の生活習慣にそのもとがあります。
時間になったらすぐに勉強を始められる。
勉強計画にない時間でもちょっとしたスキマ時間に勉強する。
学校の休み時間や朝の空き時間や放課後の空き時間に勉強する。
学校から帰ったらとりあえず宿題を片付ける。
休みの日は午前中にいちばん大事な勉強を終えてしまう。
など行動力があればこのような勉強時間がドンドン生まれます。

そしてこのような時間を過ごすためには
日常でマメに動く習慣を身につけることです。
すべての生活の活動のもとは気づいたらすぐに行動して
気になることや問題を片付けることです。

学校で宿題の課題が出て
その課題を明日やればいいやと先送りする人に
マメな人はいません。
そして先送りした宿題はやり終えることができずに
宿題や計画した勉強はドンドン先に貯まることになります。
数日このような先送り生活を送ると
マメに気になることをこなす習慣は皆無になります。

先送り人生は人生そのものを破壊させる
大きな時限爆弾を抱えています。
目の前に来るチャンスも逃すことになるし
失敗のリスクを回避する行動も逃すことになります。

人生成功の秘訣は日常のマメさにあります。
細々とした気になることを見て見ぬ振りをするのではなく
気になったらその場で片付けたりきれいしたりして
いつも気になる点をマメに解決する生活習慣を持つと
勉強に対するマメな習慣も生まれて
ちょっとした時間をすぐにテキストを開いて
数問の問題を解いたり
時間があれば英単語を反復したりという
マメな勉強法が身につきます。

これこそが大学受験で必ず合格を手にする
生活習慣術なのです。




サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ