2022年11月16日

精神的な余裕が根気をつくる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



勉強で結果を出すためには
長い期間の継続した練習が欠かせません。
それは根気のいる練習です。
毎日友達が遊んでいるときも
部活で疲れて休みたいときも
朝の眠たい時間でも
問題集のページを開きペンを持って
問題を解くという行動は根気がなければ
すぐに心が折れてしまいます。

根気とはどのように養われるのか
それは心に余裕がないと根気は育ちません。

根気を測る実験として「マシュマロ実験」があります。
幼児の前にマシュマロを置いて
「3分食べるのをがまんできたらもう一つあげる」
と言って子供だけにして様子を見ると
がまんできずにマシュマロを食べてしまう子と
がまんして3分後にもう一つもらう子がいます。

そしてがまん出来ない子供と我慢できた子供の
10年後を調べてみるとがまんできた子供は
成績もよく学校のリーダーとして活躍している
という結果になっている実験です。

このマシュマロ実験の裏話として有名なのが
マシュマロをがまんできずに食べてしまう子供は
経済的に余裕のある家庭の子供が多く
またマシュマロをがまんできずに食べてしまう子供は
経済的に余裕のない海底の子供が多い。
という点です。

そして家庭の経済状態とは別に家庭が明るくて
精神的に豊かである家庭の子供は
マシュマロを食べずにがまんできるという点が
特質すべき点として紹介されています。


根気と学校の勉強の成績の結果は明らかです。
根気のある子は根気のない子に比べて
学校の成績は明らかに良い結果になります。
これは勉強を根気よく続けられる点で
根気のある子は成績が良くなるのは当然の結果です。

そしてその根気の有無が家庭の豊かさに影響することが
マシュマロ実験で明らかになっています。
一方で家庭の裕福さと関係なく家族の精神的な暖かさや
精神的な余裕が子供の余裕に影響して根気につながる
という点は見逃せない点です。

ある意味家庭の経済的な豊かさかは精神的な豊かさに
そのまま影響します。
しかし経済的な余裕があるなしに関わらずに
家庭の暖かさや精神的な余裕は家族が意識して
持つことが出来ます。

それが子供の根気につながるのなら
実は経済的な豊かさは精神的な豊かさがもたらす
結果だということも言えるのでは無いでしょうか。




サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生の成功の極意

2022年11月01日

知識社会における大学に行くべき2つの理由

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学受験を目指す高校生に大学に行く理由を聞くと
「周りがみな大学に行くから」
「良い職業に就職できるから」
といったような回答が返ってきます。
もちろんそれがモチベーションになって
受験勉強がはかどれば言うことはありません。

しかし大学に行くもっと深い理由がわかると
より積極的に自分にあった大学を選ぶ意味が
わかってきます。

絶対に大学に行く理由の1つ目は
「より付加価値の高い職業に就ける」です。
例えば看護師になるという目標を持った人がいます。
この場合は看護系大学に進む道と看護系専門学校に行く道の
2つの道があります。
この場合は無理をして大学を選ばなくても専門学校でも
看護師になる道はあります。

しかし現代は知識社会です。
これはより知識を持つ人が有利になる社会です。
看護師の世界でも今後は医療のより高度の専門化になります。
今は看護師とは患者の面倒や医師のサポート役という仕事ですが
今後はより高度な医療システムをサポート出来る専門分野の
より高度なスキルを持った看護師が求められるようになります。

専門分野のより高度な医療スキルを身につけるには
そのスキルを教えられる大学で学ぶ必要性が今以上に高まる
必要性が出ます。
このように大学で学ぶ意味は今後さらに高まる必然があるのです。

また「専門バカ」と言われてその分野の専門知識は身についたけど
その知識が職業に結びつかない可能性もあります。
例えば文学部に言っても就職先がないから大学に行く意味がない
芸術学部を出てもIT社会では就職がない
といった学部の知識と仕事のスキルとのミスマッチがあり
より就職に強い学部を選ぶ傾向にあります。

しかし知識社会では一つのスキルではなく
いくつかのスキルを組み合わせて新たな仕事を創造する
社会になります。
新たな仕事を創造する組み合わせ方は無限大です。
2つの仕事あるいは資格を組み合わせることを
パラレルキャリア社会といいます。

パラレルキャリア社会を生きるためにはまず1つの
基幹となる知識をみにつける大学選びが重要です。
一つの資格だけでは役に立たない文学系でも
そこに高齢者福祉の資格が結びつくと
文学の高度な知識を持つ高齢者福祉の仕事ができる
唯一無二の存在が生まれます。
このように大学の学ぶ意味は高度な知識を身に着けて
その知識を何かの分野のスキルと結びつけて
唯一無二の存在になることです。






サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生の成功の極意

2022年10月29日

心のブレーキをどうしたら外せるのか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



幼児期の子供はまるでエネルギーの塊のように
何でも興味を示し活発に行動します。
しかしいつの頃からか周りの大人からの
「それはダメ」「危ないからやめなさい」
と言われる言葉に覇気を失い
何をしても長続きしない「つまらない子供」に
なっていきます。

小学校や中学校になると個性を際立たせる活動は
規制を受けて皆と同じ行動をするように仕向けられて
目立たないことで何も起こらないほうが
いいと感じるようになります。

このような行動の変化はやがて何に対しても興味を示さない
無表情で倦怠感が充満する何もしない子に変貌していきます。
しかし不満を募らせる子供が何もしないことを選んでいる
と思うのは早急で、何かをしようとすると突如心にブレーキが
かかって動けなくなるというのが正解です。
このような状態を心のブレーキといいます。

心のブレーキは何か行動をおこそうとすると
その方向とは逆の「抑止力」という形で現れます。
それは「失敗を恐れる心理」「無意識な承認」「漠然とした不安」
がブレーキになるのです。

「失敗を恐れる心理」は過去の経験で何かをしたら
こっぴどく起こられたというような過去の忌まわしい出来事が
きっかけになって「失敗しないためには何もしない」という
逃避の心理が働くことが原因です。

「無意識な承認」は何をやっても何もやらなくても
親や周りから認めてほしい、または見守ってほしいという
つながりを求める心理です。

「漠然とした不安」は未来や自分の人生に対する
具体的ではなく、先の見えない不安が原因の場合が多いです。

このような心のブレーキを外すためには
マイナスに振れた心の状態をいったんは0の戻す
カウンセリングを受ける必要があります。
または心療内科のような医師の診察が必要な場合があります。
コーチングやティーチングは子供の心の状態が0以上に
戻った段階から始める事が大事で
心がマイナスに触れている状態でティーチングを始めると
取り返しのつかない悪影響を及ぼす可能性がありますので
ご注意ください。






サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導を行います。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生の成功の極意